内藤高治

全て 名詞
36 の例文 (0.00 秒)
  • 小学校の仲間に、内藤高治の甥で後に横綱力士となる常陸山谷右エ門がいた。 ...
  • 京都の大日本武徳会武道専門学校に入学し内藤高治に剣道を学ぶ。
  • 主要登場人物は架空の人間だが、中には内藤高治や甘粕正彦のように、実在の人物が登場することもある。 ...
  • 当時の四級には他に川崎善三郎、門奈正、内藤高治などがいた。 ...
  • この剣術指導法は、内藤高治らの功績もあって、現代剣道に大きな影響を与えており、剣道家らの評価が高い。 ...
  • このため、水戸中学校を1889年に中退し、叔父で剣豪として知られた内藤高治を頼って上京する。 ...
  • 奈良県立郡山中学校では相撲を離れて柔道部に所属していたが、1928年に常陸山谷右エ門の叔父である内藤高治の推薦で出羽海部屋へ入門した。 ...
  • 結果は、内藤高治、得能関四郎、柴田衛守らを次々に破ったが、門奈正にのみ敗れた。 ...
  • 久留米商業学校を経て、1914年に大日本武徳会本部剣道講習科に入り、内藤高治らに師事する。 ...
  • 常陸山は北辰一刀流・内藤高治の甥で、剣道に関心を持っていたことから、甲府警察署の稽古を見学に来た。 ...
  • 京都の武道専門学校教授・内藤高治と並び、「東の高野、西の内藤」と称された。 ...
  • しかし、これに反対した剣道家もおり、明治神宮体育大会は大日本武徳会が当初不参加を表明、昭和天覧試合は内藤高治が強硬に反対したが、国家的行事であったことからやむなく従っている。 ...
  • 範士は60歳以上との決まりがあったが、門奈正、内藤高治、高野佐三郎は特例での授与となった。 ...
  • 大日本武徳会群馬支部が設立されると最初の入門生となり、大日本武徳会本部教授内藤高治の強い勧めで武術教員養成所に第1期生として入所した。 ...
  • 少年の頃から剣道を修練し、1909年、大日本武徳会内藤高治の内弟子となる。 ...
  • 帰郷後、回国修行中の内藤高治が鹿沼に立ち寄ったので、短期間ではあるが下江は内藤に稽古をつけたという。 ...
  • 地元水戸東武館では内藤高治、門奈正とともに稽古した。
  • 次へ