内藤

全て 名詞
5,638 の用例 (0.03 秒)
  • 内藤の顔を見ると、そう遠くにいたわけでもないのに大きな声を上げた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 内藤の生活の中に、少しずつ核になる部分ができてきているようだった。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 多分、内藤がテレビで見た以上のものを発見することはなかっただろう。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 私と内藤は別に用事がなかったのでもうしばらくそこに残ることにした。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 車で来ていた利朗とはジムの前で別れ、私と内藤は駅に向かって歩いた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 私はその男が内藤の元のマネージャーだということをすぐに思い出した。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 内藤は試合が近づくにつれて少しずつ恐怖に浸されるようになっていた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 内藤が韓国での試合で負けて帰国してしばらくしてからの会話である。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 内藤有利とされていたにもかかわらず、試合の結果は意外なものだった。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • と内藤は言って、尻のポケットからひものついた定期入れを出して見せた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • ところが、それとまったく同じ思いの言葉を、内藤自身が口にしたのだ。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 何週間ぶりかで内藤の練習を見る前に、彼の話を聞いておきたかったのだ。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 十五分ほどして、不愉快そうな顔をした内藤が、先頭で駆け降りてきた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 私の話が、内藤の内部のどこかに微かに触れることがあったようなのだ。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 内藤が私の前を通りかかった時、小声で彼らを知っているのかと訊ねた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • その時、私は内藤と会うことをためらっているらしい自分に気がついた。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • にもかかわらず、内藤は金子に感謝することなく不満ばかり述べている。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 私が言いかけると、内藤は話にもならないといった調子で首を振った。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 私はそれらを横にやり、とにかくそこに坐って内藤を待つことにした。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • この最後の食事は、内藤とエディと利朗と私の四人でとることになった。 沢木耕太郎『一瞬の夏』より引用
  • 次へ »

内藤 で始まる単語