内蔵hdd

23 の用例 (0.00 秒)
  • 日立の録画機能付テレビにおける「内蔵 HDD」として使用されている。
  • その際は、内蔵HDDの他に外付けUSBHDDも使えるため容量に制限は無い。
  • 内蔵HDDから外付けHDDへの移動も出来る。
  • 当初は内蔵HDDへの保存のみだったが、2005年頃からDVDレコーダー同様に記録型DVDにムーブできる製品も登場し始めた。
  • 内蔵HDDに、グループ企業である日立グローバルストレージテクノロジーズの製品を採用していることもアピールポイントだった。
  • この2タイトル以外のPS2用ソフトではPS3の内蔵HDDにインストールすることはできない。
  • これらはSCPH-10000系の発熱問題の対処と、内蔵HDDの発熱処理のためと見られている。
  • 当初、親ブランドである株式会社アイ・オー・データ機器の販売するLANDISKのハードウェアを用いた玄箱相当のシングルドライブNASキットとして一旦発表が行われたが、基板上のROMには、内蔵HDDからのブートプログラムしか書かれておらず、インストーラの開発が出来なかった事により、お蔵入りになりかけた。
  • iVポケットを持つ機種は内蔵HDDを持たない場合であってもHDDレコーダーの機能は備えており、別売のiVDRをiVポケットに挿入することでテレビ単体での番組録画が可能になる。
  • PCの内蔵HDDは、通常一つないし二つのパーティションに分割して出荷されるが、リカバリー領域は更にもう一つのパーティションとして用意される。
  • 内蔵HDDはPS3同様に交換可能である。
  • トレイには内蔵HDDをねじ止めしてある。
  • 内蔵HDDについても同様で、MATE Aはコネクタの奥行きでSCSIとIDEを兼用するスロットと専用の特殊なHDDケースを用いることでフロントカバーを開けて差し込むだけの構造になっているのに対し、MATE Bはケースを開けて一般的な形でIDE HDDを内蔵するようになっている。
  • デジタル放送の録画は、デジタルチューナーとRCA端子でコンポジット接続し、出力された標準画質を内蔵HDDへムーブする方法しか無かった。
  • その一方で、PC/AT互換機では、内蔵HDDは歴史的にST-506を始祖とするIDEが主流であり、主に外付けCD-ROMやMO等の接続の為に使用されていただけだった。
  • ただし内部的にはPCIチップセットを持つ32ビット機であり、内蔵HDDインターフェースはPCI-IDEという扱いになっている。
  • そのほか、対象機種同士をLAN経由で接続することで、本体の内蔵HDDや外付けHDDに録画した番組などをダビングできる「お引越し」機能に初対応するほか、「おまかせ・まる録」は録画された番組の情報を分析して録画頻度の高いものから順に表示する「よく録る人名/番組」に対応した。
  • Live CDと同様、組み込みシステムのシステム管理、データ復旧、内蔵HDDに恒久的にインストールすることなく新たなディストリビューションを試してみるといった用途がある。
  • ダウンロードしたソフトは、PSPではメモリースティックDuo、PS3では内蔵HDDに保存される。
  • PS3にデジタルチューナーユニットを接続し地上デジタルテレビ放送を視聴出来るほか、PS3内蔵HDD及びUSB接続HDDへの録画が可能で、PS3をハードディスク・レコーダーとして使用できる。
  • 次へ »