内蔵音源

59 の用例 (0.00 秒)
  • 海外で発売された本作・V・VIの3作はすべて内蔵音源となっている。
  • 内蔵音源は主に楽曲シーケンスの演奏や効果音の発音に使用される。
  • 初期のパソコンには内蔵音源が存在しないか、もしくはビープ音のみが搭載されていた。
  • 内蔵音源の性能の違いによりBGMが多少変化している。
  • 内蔵音源のSID音源は後年チップチューンでも多用されることとなる。
  • 楽曲は基本的に同じだが、内蔵音源そのままではなく、編集した上で収録しているため、アレンジが若干異なって聞こえる。
  • 古代は携帯電話の内蔵音源向けの音楽製作はこれが初めてで、シリーズを70時間以上もプレイするお気に入りの作品だという。
  • OASYSやその後継機種であるKRONOSの内蔵音源の一つとしてごく一部のエンジンが搭載されている。
  • ただし内蔵音源を利用した作曲ツールや楽曲データは、基本的に特定機種やその搭載音源に依存していた。
  • また戦闘音楽が廃止された理由は、シームレスに音楽を繋げようとすると内蔵音源のチャンネル数に制約を受けてしまうからと語っている。
  • また、内蔵音源とはアドレスが異なることから、併用は可能になっているが、対応したソフトウェアは無い。
  • 本作において作曲者として参加した相原隆行氏によれば、パカパカパッションではプログラムにより内蔵音源再生のみでバッキング演奏を行うという手段が採用されている。
  • 尚、本作の発売時に放映されたTVCMには、ファミコンの内蔵音源で演奏されたゲームのBGMがそのままCM上で使用されていた。
  • 本作ではゲーム中では内蔵音源、ムービーでは生録音のオーケストラと使い分けている。
  • ただしハードの性能上ボーカル入りではなく、内蔵音源によるBGMに合わせて字幕が表示されるのみである。
  • ゲーム中のサウンドには田中公平の作品が用いられているが、音源はすべて32ビット機内蔵音源が用いられており、録音に頼らずゲーム音楽を作曲した珍しい例とも言える。
  • 従来機種では内蔵音源であるPSGとのミキシングがサポートされていなかったが、本機で内蔵されることにより、標準状態でミキシングされた出力を得られるようになった。
  • 本作の特徴として、いわゆる「レトロゲーム」の雰囲気を意図的に再現している点が挙げられ、グラフィックは背景やキャラクターからメニュー画面に至るまでドット絵で描かれているほか、音楽面では内蔵音源を思わせる独特な音質の効果音やBGMが使われている。
  • なお、BGM、効果音共にFC内蔵音源のみで演奏されており、カセット内に拡張音源は搭載されていない。
  • 初期から1980年代は内蔵音源の性能は比較的低かったが、主にゲームメーカーのコンポーザの工夫により、仕様を逆手に取った音楽表現が行われた。
  • 次へ »