内蔵方式

55 の用例 (0.00 秒)
  • そしてこんにちにつながるプログラム内蔵方式のコンピュータとなった。
  • プログラム内蔵方式のためにはそれなりの容量の記憶装置が必要である。
  • そのような設計を、プログラム内蔵方式でない、とする分類であった。
  • このため、「プログラム内蔵方式」は今もノイマンの功績とされている。
  • ENIACと異なり二進数を使用しており、プログラム内蔵方式である。
  • これらのメモリ技術がプログラム内蔵方式をより実用的なものにしていった。
  • アセンブリ言語はプログラム内蔵方式のコンピュータの黎明期に登場した。
  • プログラム内蔵方式では、プログラムは記憶装置に符号化された状態で記憶される。
  • この中で、プログラム内蔵方式のコンピュータの設計について概説されている。
  • 記憶装置上にプログラムを配置してから、プログラムを実行する方式をプログラム内蔵方式と言う。
  • プログラム内蔵方式により、ループを実現する方法が示された。
  • 外装方式と内蔵方式の中間的なものとして、機体内部に半分エンジンを埋め込んだようなものも存在する。
  • プログラム内蔵方式に改造して性能が低下してもI/Oバウンド状態は変わっていない。
  • プログラム内蔵方式の多くの特徴を備え、世界で初めて命令をデータとして扱えるコンピュータといえるが、完全な電子式ではない。
  • 一方現在では、プログラム内蔵方式が主流となっている。
  • 現在最も普及している、プログラム内蔵方式のコンピュータは、ノイマン型コンピュータである。
  • 以上から、SSECは最初のプログラム内蔵方式コンピュータとは見なされず、一般に最後のプログラム可能計算機に分類されることになった。
  • プログラム内蔵方式のデジタルコンピュータで、CPUとアドレス付けされた記憶装置とそれらをつなぐバスを要素に構成され、命令とデータを区別せず記憶装置に記憶する。
  • CSIRACは、オーストラリアで最初に開発されたデジタルコンピュータで、世界的にも4台目のプログラム内蔵方式のコンピュータである。
  • なお、本来この事はノイマン型だけでなくプログラム内蔵方式に共通の事項であるが、プログラム内蔵方式の代表例がノイマン型であるためこのように呼ばれる。
  • 次へ »

内蔵方式 の使われ方