内蔵メモリ

37 の用例 (0.00 秒)
  • 基本的に内蔵機能によりシリーズ分けされており、内蔵メモリサイズにより細分されている。
  • シリーズ初期には内蔵メモリタイプも販売されていたが、それ以降のモデルはすべてSDメモリーカードを使用する。
  • 保存先は本体内蔵メモリとSDカードの両方を選ぶことができる。
  • 撮影画像の保存先は本体の内蔵メモリのほかに、miniSDにも指定できる。
  • 内蔵メモリに大容量450MBメモリを採用している点評判が高い。
  • 本体内蔵メモリ内には2時間番組5本以上の録画が可能である。
  • 内蔵メモリが2GBと大幅に増え、microSDカードなしでも多数の写真を保存することができるようになった。
  • 頻繁な交換を行う用途ではなく、内蔵メモリのようにほぼ挿しっぱなしでの使用が想定されている。
  • ゲーム中のセーブデータは本体の内蔵メモリ領域に保存されるようになり、MVSやネオジオで使用されていたPCカードのスロットは備えられていない。
  • しかし内蔵メモリが小さすぎ、「何か意味のあることをしようとすれば」メモリ拡張パックが必須だと指摘した。
  • ただし、従来のパナソニック製のワンセグ携帯電話同様、内蔵メモリへの録画はできない。
  • ダウンロードしたソフトはDSi内蔵メモリに保存され、DSiメニューの項目に追加される。
  • 一方、内蔵メモリの容量が減り、メモリ不足が起きやすくなっているという欠点もある。
  • これ一つで内蔵メモリの4倍の容量を持っており、PC-FX正面の拡張スロットに差し込んで使用することができる。
  • 日本では、楽曲の配信は利用できないが、このアプリを使ってGoogle Play Music上に保存した曲、外部メモリや内蔵メモリに転送した曲を聴くことが出来る。
  • また、EZ・FMは内蔵メモリに最大約60分の録音が可能なほか、ICレコーダーも備えており、こちらも内蔵メモリに最大5時間の録音が可能である。
  • SDメモリーカード仕様をベースにしたデジタル機器内蔵メモリ用規格、さまざまな機器で共通のI/Oインターフェースを利用しSDメモリーカードとの互換性を高めることを目的としている。
  • CDMA 1X WIN端末としては珍しく、外部メモリースロットが搭載されず、代わりに発売当時としては最大級の40MBもの内蔵メモリを搭載していた。
  • 撮ったり編集したりした写真は、本体内蔵メモリやSDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存する。
  • ただしセーブデータはSDメモリーカードから直接読み込むことが出来ないので、事前にWii本体内蔵メモリに移動・コピーしておく必要がある。
  • 次へ »

内蔵メモリ の使われ方