内蔵フラッシュメモリ

12 の用例 (0.00 秒)
  • また、内蔵フラッシュメモリが大きく、ゲームをその中に格納できる。
  • 本チャンネルで作成したMiiは、Wii本体内蔵フラッシュメモリに保存される。
  • コンパイルされたバイナリファイルはダウンロードし、USBメモリとして認識されているmbedの内蔵フラッシュメモリ上に書き込むことで動作させることができる。
  • またアドレス空間のバンク切り替えより、内蔵フラッシュメモリを最大128KByteまで拡張した製品が存在する。
  • PCH-1000シリーズにはユーザが利用可能な内蔵フラッシュメモリがないため、ダウンロードコンテンツやマルチメディアファイルを保存するには別途専用のメモリーカードを用意する必要がある。
  • GCのソフトのセーブデータは、GC専用メモリーカードのみに保存が可能で、Wii本体内蔵フラッシュメモリやSDメモリーカードは利用できない。
  • 記憶装置には、内蔵フラッシュメモリ、メモリカードのほか、ハードディスクドライブなどがあり、これに複数のファイルを格納して適時取り出すためにファイルシステムを持つ。
  • なお、Wii本体内蔵フラッシュメモリの容量が512MBしかないため、1タイトルにつき最大で40MBまでという制限が設けられていた。
  • GP2Xは64メガバイトの内蔵フラッシュメモリを持っており、32MBはユーザーデータのために使用できる。
  • Wii本体内蔵フラッシュメモリに保存した場合はWiiメニュー、SDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存した場合はSDカードメニューから起動する。
  • ダウンロードしたソフトは、Wii本体内蔵フラッシュメモリもしくはSDメモリーカード・SDHCメモリーカードに保存する。
  • GuruPlug は 800 MHzのARMプロセッサ、Debian が初期インストールされた内蔵フラッシュメモリ、100メガビット・イーサネット、HDMI画像出力 を持っており、コンセントに挿し込むだけですぐに小型パソコンとして活用できる。

内蔵フラッシュメモリ の使われ方