内紛

全て 名詞
1,809 の用例 (0.01 秒)
  • これにより帝国は後に大土地所有貴族による内紛状態へと陥ってしまう。
  • 遼の方では太宗の死後は内紛が続き、南に干渉できる状態ではなかった。
  • スポーツ新聞が急成長するきっかけをつかんだのもこの内紛劇からとされる。
  • ただし、公演の成功の陰ですでに東京バレエ団には内紛の兆しがあった。
  • 永保3年に陸奥守となり、清原氏の内紛に介入して後三年の役が始まる。
  • 衛の内紛が起ったとき、周朝は第二十六代目の王、敬王の四十年であった。 中島敦『李陵・山月記』より引用
  • だが、イブラーヒームの時代が終わると、後継者たちは内紛を起こした。
  • そこに有力守護大名も介入して応仁の乱を挟んだ長期の内紛へと発展した。
  • 目の上のこぶであるアッシリア帝国では内紛が起きていたのである。
  • しかし、クラブは選手と監督の内紛から1970年に解散してしまう。
  • しかしリューベチでの決定は、内紛を完全に防ぐことはできなかった。
  • この時に死去したとも、後の永禄年間の三好氏の内紛により死去したともされる。
  • そうした一族の間の内紛が、景虎の精神構造に影響を及ぼさぬはずがない。 池宮彰一郎『本能寺(上)』より引用
  • この原因は、GHQ内のGSとG2との間における内紛に関係があった。 松本清張『日本の黒い霧(上)』より引用
  • オランダ内での議会派と総督派との内紛がルイ14世の企図を助けていた。
  • 大名の家というものは、大なり小なり表には出せぬ秘密やら内紛が存在している。 池波正太郎『剣客商売 18 番外編 黒白 下』より引用
  • 関東大震災時には総本部を京都に移し、関東本部と対立する内紛となった。
  • ジャライル朝では内紛が起こっていたため、その領土を奪っていった。
  • ただ文化指導者同士の血で血を洗う内紛をさらけだしただけである。 坂口安吾『戦後合格者』より引用
  • このように内紛は続き、結局その間に魏は蜀を併呑してしまったのである。
  • 次へ »