内海

全て 名詞
1,582 の用例 (0.02 秒)
  • 内海温泉を独立させ、残る三地区の温泉を南知多温泉と呼ぶこともある。
  • その内海さんのところで油を売ってると、旦那がお見えになったんです。 横溝正史『幽霊座』より引用
  • 陸相は米内海相にもおなじ質問をしたが、海相もまた戦争継続に同意した。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • この認識は、日本海が内海であることを前提にしなければ成立しえない。 村井章介『海から見た戦国日本 ―列島史から世界史へ』より引用
  • この運河が作られたお陰で内海から外海へ簡単にでられるようになった。 高橋克彦『南朝迷路』より引用
  • こんどはこの流れにそっていくと、これが注いでいる小さな内海に出る。 バローズ/関口幸男訳『恐怖のペルシダー』より引用
  • 殺しておいて、別の道からやってくる内海をやりすごして帰ったのだな。 坂口安吾『不連続殺人事件』より引用
  • 嵐が来ることを知って、その内海にやってきていたに相違なかった。 ヘミングウェー/高村勝治訳『勝者には何もやるな/ヘミングウェー短編集3』より引用
  • 内海ではねているイルカのどれほど多くが、もとは人間だったことか。 グィン『ゲド戦記1 影との戦い』より引用
  • 白亜紀の大半の期間には北アメリカの中央部をと呼ばれる内海が覆っていた。
  • 書記官長が席へ戻ってまもなく、用事があるとかで米内海相が席を立った。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • 南の国のいつも蒼い色をして居る内海に一匹の人魚が棲んで居ました。 宮本百合子『「平家物語」ぬきほ(言文一致訳)』より引用
  • 外海に面した砂底の内海に棲み、かなり、たくさん群れをなしています。 平野雅章『たべもの歳時記』より引用
  • 青島港と内海港があるが、漁港であり海上交通としては利用されていない。
  • この人に連絡して、内海のタイの一本釣りをやりたいがと、持ちかける。 開高健『私の釣魚大全』より引用
  • 内海と虚海には、大陸寄りの小島を除いて陸地と呼べる島は存在しない。
  • 名称に反して、内海の存在はこの気候を構成する要素として重要ではない。
  • わしは内海の向こうの小さな村に生まれ、若いころはヴァムジェに住んでいた。 伊豆平成『PATRONE2 仮面の少女』より引用
  • もし読んだとしたら、内海にとってこれはかなり大きな衝撃シヨツクだったにちがいない。 横溝正史『誘蛾燈』より引用
  • 内海三十八職とは、江戸時代から東京湾で認められてきた38の漁法のこと。
  • 次へ »

内海 で始まる単語