内村

全て 名詞
1,348 の用例 (0.01 秒)
  • 内村は電話のことを思い出したが、式の後でもいいだろう、と思い直した。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 上』より引用
  • 内村は、「やあ、まあ心配はないと思いますがね」といっただけである。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • 内村氏は詩人風のところがあり、海老名氏は教育家的でありました。 石川三四郎『浪』より引用
  • 内村はまるで十代の少年のように胸をときめかせて、部屋へ戻った。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 上』より引用
  • 内村は公約通り24時間口開けを行ったが途中で顎がはずれてしまった。
  • 自分があんなことをいった相手が内村だったからではない。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • ここにおられる内村さんと山尾さんは、医師の資格を持っています。 水野良/白井英/山本弘『妖魔夜行 悪魔がささやく』より引用
  • また内村も娘ルツ子の死を通して再臨信仰を持つようになっていた。
  • 訴えてきたのは内村桂子うちむらけいこという三十代後半から四十前後の裕福そうな婦人である。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 内村鑑三は御真影を拝むのを拒否して、不敬事件に問われたじゃないか。 福永武彦『草の花』より引用
  • 高山樗牛も内村の論を愚論を決め付けて雑誌太陽に批判文を載せた。
  • 内村は、ぬいぐるみを手に、反対側の廊下へ回って、部屋に戻って行った。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 上』より引用
  • 広美は、ちょっとなぞめいた微笑びしょうを浮かべて、内村のそばへやって来た。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 上』より引用
  • といって、内村の背後から首をにゅっとつき出して、その光景を眺めている。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • ほとんどが内村聖書研究会の会員の夫人や姉妹などの内村家に関係のあるメンバーである。
  • バーテンダーの内村は初老の薄髪頭を傾けてマーティニを作りにかかる。 開高健『珠玉』より引用
  • 公開直前には内村監督以下出演者陣が、テレビ・雑誌等のメディアに多数登場し宣伝を行った。
  • 此の中には思想が深くて学問の広い内村鑑三君や、三宅君の如き兄分もいる。 新渡戸稲造『イエスキリストの友誼』より引用
  • 内村鑑三の随筆集だけは、一週間くらい私の枕もとから消えずにいた。 太宰治『碧眼托鉢』より引用
  • 隠し味とはいえない分量を投入したため、審判の内村の度肝を抜いた。
  • 次へ »

内村 で始まる単語