内村祐之

18 の用例 (0.00 秒)
  • 内村鑑三の長男で東京大学医学部教授だった内村祐之の妻でもある。
  • 東京から関西に移転した際、美恵子は東大の内村祐之教授の紹介状を携え、堀見教授の研究室に入った。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • この精神鑑定について、わが国の最高権威とされる内村祐之は、かつて次のように書いた。 佐木隆三『深川通り魔殺人事件』より引用
  • 早慶戦のない大正年代歴史的戦いといわれた年一回の一高戦で1919年、六回決勝点となる三塁打を放ち名投手・内村祐之に完敗した前年の屈辱を晴らした。
  • コミッショナーの内村祐之による裁定で春、秋それぞれ独立したシーズンということが確認され1938年秋の中島がプロ野球初の三冠王と認定された。
  • 飯田はそれまでに精神障害の既往はなかったが、取り調べで事件当時から逃走に至るまでの記憶が欠落していることが明らかとなったため東京大学精神科教授内村祐之による精神鑑定が行われた。
  • 東京帝国大学に進学後も第一高校野球部にコーチとして残り、内村祐之、中松潤之助のバッテリーを育てた。
  • 大川は米軍病院に入院させられ、主治医の内村祐之により梅毒による精神障害と診断された。
  • 友人が精神分裂病を病んでいたことから、精神医学にも興味を持つようになり、1944年秋に女子医専を卒業すると、東京帝国大学精神科医局へ入局して、内村祐之教授のもとで、精神科医としての教育を開始した。
  • 小平義雄に関しては、当時の東大精神科教授内村祐之によって、その血縁者が調査された。 中村希明『犯罪の心理学』より引用
  • 卒業後、大学の医局に勤務するも、石上に医局の内部情報を用いた小説「精神病学教室」の題材を提供したため、彼がその作品を書いたと主任教授だった内村祐之に誤解され、破門の扱いを受ける。
  • 青年を精神鑑定した内村祐之と吉益脩夫によれば、生来的に人間的感情や情性に欠ける精神病質性の人格、それに加えて不完全な教育を受けたために抽象的・精神的なものが育たなかったためとし、青年を心身耗弱者とする鑑定書を出した。
  • 内村祐之以降は各球団のオーナーのイエスマンばかりで、なかなか指導力を発揮出来ないと批判される歴代コミッショナーの中で、初の外交官出身者となった下田はプロ野球人気の振興に務め、前任者の金子鋭の退任につながった江川事件の収拾をはじめとした業績を残した。
  • 彼の著書『ドジャースの戦法』は日本でも内村祐之によって訳され、その理論はドジャース戦法として紹介された。
  • アメリカの軍医が診察したあと、東大の精神科の内村祐之教授に回され、検査の末に進行麻痺という診断が確定し、東大の付属病院ともいうべき、東京都立松沢病院に移され、そこでマラリア熱療法などの治療をした。 斉藤茂太『「まさか」の人に起こる異常心理』より引用
  • これを受けて同年4月6日、北沢清・文部省体育振興課長代理から内村祐之・東京大学野球連盟理事長代理に対して「連盟解散通知書」が手渡された。
  • 内村祐之教授のもとで学ぶ。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • 法曹界では前記の初代福井盛太のほか、最高裁判事・井上登、同・下田武三、学者では内村祐之、宮沢俊義、大浜信泉など。 赤瀬川隼『球は転々宇宙間』より引用