内村氏

5 の用例 (0.00 秒)
  • 内村氏は詩人風のところがあり、海老名氏は教育家的でありました。 石川三四郎『浪』より引用
  • 内村氏の事件はこの限界を越えているではないか。 河上徹太郎『日本のアウトサイダー』より引用
  • 而も内村氏の薫りは藝術的であり、海老名氏の色彩は倫理的でありました。 石川三四郎『浪』より引用
  • 海老名氏の思想は進歩的、社會的でありましたが、内村氏の教義は保守的、個人的でありました。 石川三四郎『浪』より引用
  • 内村氏は以前自ら非常な難局に遭遇した際に黒岩氏の厚い援助を受けた關係があり、幸徳氏は黒岩氏と同國人であり、かつ、その文才を愛せられて特に高給を與へられてゐた關係にあり、ともに黒岩氏に對しては極めて遠慮がちでありました。 石川三四郎『浪』より引用