内村桂子

14 の用例 (0.00 秒)
  • 訴えてきたのは内村桂子うちむらけいこという三十代後半から四十前後の裕福そうな婦人である。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 内村桂子は永山に会ったら、大変な付随行為だったと言ってやろうとおもった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 内村桂子を共犯者と見てよろいを脱いだせいか、永山は能弁になった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 内村桂子は怒った顔を見せた。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • つかの間、新開征記せいきは内村桂子の言葉の意味がわからなかった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • また内村桂子は小熊に似た特徴をもつ「小谷」が甘酸っぱい体臭の持ち主だと証言している。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 新開はまず内村桂子に連絡を取った。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 内村桂子が狼狽ろうばいした口調になった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 小谷に同行して、闇汁のパーティに出席した内村桂子は、またまた身体に異常な刺激を打ち込まれてしまった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 一人息子の正彦まさひこ北見きたみ夫人を追いかけて行ったときは、誘拐されたとおもったものであるが、内村桂子うちむらけいこ自身、北見一家の移転後、火照った身体をもてあますようになった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 内村桂子は小谷に同行してパーティに参加した。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • ふたたび内村桂子は言葉に詰まった。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 女性は内村桂子である。 森村誠一『夢の原色』より引用
  • 新開は内村うちむら桂子に面会を申し込んだ。 森村誠一『夢の原色』より引用