内村光良

68 の用例 (0.00 秒)
  • 自身も熊本出身で東京在住の内村光良が作・演出・出演の3役を務めた。
  • 結婚評論家・メモリー南原、独身営業マン・内村光良が司会のコーナー。
  • 企画・主演は内村光良、脚本には内村の従兄で放送作家の内村宏幸が参加している。
  • 内村光良や宮迫博之は気に入っている模様でよく物真似をしている。
  • 脚本・監督・主演の3役を内村光良が務めた。
  • 脚本・監督・主演を内村光良が務めた。
  • ドラマ版でも基本的な設定は同じだが、内村光良が演じていることもあり、ハンドルを使ってカンフーのようなアクションをすることが出来る。
  • で、内村光良が2000年に立ち上げた番組維新企画である。
  • その週に行われたコントについてレギュラー芸人と内村光良が全員集まって反省会トークを行う。
  • ウッチャンナンチャンの内村光良に顔が似てると言われ、『夢で逢えたら』にゲスト出演したことがある。
  • いとうせいこう監修のもと脚本を内村光良などの番組出演者が手掛け、若者を中心に大ヒットした。
  • 内村光良演じる男が大学入試失敗・リストラ・事業失敗など、さまざまな状況下で落ち込んでいる。
  • 内村光良も転落して負傷し、同番組は打ち切りとなる。
  • 番組の主な流れとしては、ウンナンへの質問状を内村光良が読み、南原清隆が一言で答えた後タイトルコール、その後CMに入ってコーナーへ、というものだった。
  • 飯島直子と内村光良主演で、キャリアウーマンとバスの運転士との恋愛を描いたラブストーリー。
  • 構成作家の内村宏幸が語ったところによると、NHKで2012年まで放送されてきたコント番組『サラリーマンNEO』が終了し、そのスタッフで再びコント番組がやりたいという機運になり、その際に内村光良を軸に据えた番組作りをすることになったものであるという。
  • 同期の内村光良は入江の演技・演出を天才と称している。
  • またテレビドラマ版では内村光良が演じる。
  • 芸能人ではウッチャンナンチャンの内村光良が好きだった。
  • ウッチャンナンチャンの内村光良から「この人だけだよ、テレビの音を消してもなんとなく面白いと分かるのは」と言われるほど、その動きと表情の面白さはお笑い芸人顔負けである。
  • 次へ »

内村光良 の使われ方