内村先生

13 の用例 (0.00 秒)
  • しかし内村先生のお言葉をきいている中に深い責任に襲われた。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • 科長の内村先生担当の千谷先生のお許しで後楽園へ見物を許された。 坂口安吾『日月様』より引用
  • 精神病医学という病気を治す方法としては内村先生の方法がたしかにフロイドよりも正しいと私は思うね。 坂口安吾『フシギな女』より引用
  • わたしは海老名氏の教會に出入する當時、別に内村先生の教へを受けるやうになりました。 石川三四郎『浪』より引用
  • それはわたしが萬朝報記者になつてからのことですが、内村先生から授けられる感化はまた不思議に新しいものがありました。 石川三四郎『浪』より引用
  • 対決してどういうことになるか見当もつかないけれど、とにかく予感される異変を防ぐには、内村先生をひき出すよりほかはない。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • 嘗て内村先生の爲に考へてあげたことが、今は自分の爲に考へなければならないやうになつた。 阿部次郎『三太郎の日記 第一』より引用
  • これだけの知的な仕掛をやるなら、大衆の頭脳訓練として内村先生もお認め下さるのじゃないか。 山田風太郎『明治バベルの塔 -山田風太郎明治小説全集12』より引用
  • 前に、内村先生が中村屋の日曜休業を勧められたところでも述べたが、あれほどの先生ですらこの宗教の前にはやはりこの丸呑みをあえてして、選択の自由を失っているかの観があったのである。 相馬黒光『一商人として 』より引用
  • けれども一方、基督教界の人々には一個の英雄として尊敬され、内村先生なども氏を明治の中江藤樹、信濃聖人とまで賞讃されたものであった。 相馬黒光『一商人として 』より引用
  • 内村先生の如く一芸に秀でた専門家には、専門ということの尊さが分り、専門家に貴賤貧富のない理がわかるのだ。 坂口安吾『戦後新人論』より引用
  • 内村先生も大いに喜ぶかと思いのほか、荒巻にさとして、君もどうせ野球人として一生を終るのだろうから、東大の三年はそれだけムダではないか、すぐプロ野球へはいりなさい、と飜意をうながしたそうである。 坂口安吾『戦後新人論』より引用
  • 直後、福田は1907年3月15日の『世界夫人』6号に「内村先生に上る書」を書き、社会主義とキリスト教の神の摂理は一致しているのではないか。