内村会計課長

11 の用例 (0.00 秒)
  • 内村会計課長は、しばらくは、それをどう受け取っていいやら困った顔でいた。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 内村会計課長が椅子にかけたままで云った。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 課に帰ると内村会計課長が待っていた。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 村岡は内村会計課長の努力にむくいるような云い方をした。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 内村会計課長は総務部長室に呼ばれていた。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 三月の終りに近づいたころ、内村会計課長が葛木に聞いた。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 内村会計課長は、黒板の前でノートに予算内示額を筆記している葛木の方へ眼をやって云った。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 葛木は、幽霊に負けないと云っていた内村会計課長も、このごろ葛木と眼が会うと、視線をそらせることを知っていた。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 伊佐山と内村会計課長が大蔵省に足を運んだ。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 勝田が左足で内村会計課長の足をつついた。 新田次郎『富士山頂』より引用
  • 内村会計課長が云った。 新田次郎『富士山頂』より引用