内村

全て 名詞
1,348 の用例 (0.01 秒)
  • キリスト教の無教会主義は、この思想のもと内村が形成したものである。
  • 原因は内村君も云つてゐる通り、現在のやうなやり方をしてゐるからだ。 岸田国士『なんとかせねばならぬ』より引用
  • 普段内村がほとんど料理をしない事もあり南原は本気で悔しがっていた。
  • ゆっくりと歩いて来て、ロビーの見える所まで来た内村は、足を止めた。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 上』より引用
  • 内村は自分の信仰を語ったが、彼はそれっきり集会に顔を見せなかった。 山田風太郎『ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集11』より引用
  • 東京帝国大学教授の井上哲次郎が激しく内村を攻撃したことで有名である。
  • 内村鑑三の角筈の自宅で行われていた角筈聖書研究会に出席し聖書を学ぶ。
  • その翌年にも決勝に進出し警視庁の後輩・内村良一に勝利し初優勝する。
  • 内村鑑三の集会に参加していた者の中に金教臣などの朝鮮出身の者もいた。
  • 内村は、彼女を見ても、もう胸のときめきも、血の騒ぎも感じなかった。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 上』より引用
  • 自身も熊本出身で東京在住の内村光良が作・演出・出演の3役を務めた。
  • 毎回やるわけではなく内村の気分次第であった為半年に一回行う程度であった。
  • しかし内村先生のお言葉をきいている中に深い責任に襲われた。 神谷美恵子『神谷美恵子日記』より引用
  • 内村はお茶を飲みながら、何の気なしに部屋を見回して、目を見張った。 赤川次郎『おやすみ、テディ・ベア 上』より引用
  • 彼が内村に火炎ビンを投げつけたとき、おれははっきりと彼の顔を見た。 森村誠一『恐怖の骨格』より引用
  • この頃から、内村自身は右打ちだけでやりたいという意思があった。
  • 内村はスター選手だったので、マスコミに取り上げられて波紋を呼んだ。
  • 岡田家を整理して得た資金で内村家の東南側に室を建てて住まわせた。
  • そしてこれは正に内村鑑三が身を以て実験して見せていることである。 河上徹太郎『日本のアウトサイダー』より引用
  • その内村の顔のあの昼間准尉の家でみた父親の顔とにていること! 野間宏『真空地帯』より引用
  • 次へ »

内村 で始まる単語