内山

全て 名詞
1,203 の用例 (0.01 秒)
  • 死んだのは、内山松と佐原作右衛門という七十二と九十一歳の老人である。 森村誠一『黒い墜落機(ファントム)』より引用
  • あとで聞くと、内山は倒れたときのことをおぼえていないというんだ。 山際淳司『スローカーブを、もう一球』より引用
  • 内山君はそう言いながら、俺の机にコーヒーの入ったカップを置いた。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • そうでないことは、ラジカセの電源を切った後の内山君の話でわかった。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • それから三日目の午後、浅香は内山家の離れにやって来て、そう言った。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 内山は急いで立ち上ると、麻里の側へ歩いて来て、その肩に手を置いた。 福永武彦『夢みる少年の昼と夜』より引用
  • その女優のファンである内山君は、彼女の様々な情報を当然のごとく話した。 乙一『さみしさの周波数』より引用
  • おそらくここにいる内山君にしたっておなじことだったでしょう。 横溝正史『金田一耕助ファイル11 首』より引用
  • 或る夜、内山が饒舌になってる時、彼と顔見知りの中村がはいって来た。 豊島与志雄『庶民生活』より引用
  • 内山のおばさんは、チャレンジ精神とか好奇心は絶対に若い人以上だよ。 林真理子『美食倶楽部』より引用
  • 内山は酒を飲んでるうちに、へんに真剣らしい眼つきで天井を仰いだ。 豊島与志雄『庶民生活』より引用
  • 一時的なそう状態が発生するのはよくある例で、内山老人のもそれではないか。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 実の祖父である内山文太を、お直がはじめて見たのも、このときであった。 池波正太郎『剣客商売 13 波紋』より引用
  • ところで、内山が妙なうわさをきいたのは、ほかならぬお貞からであった。 池波正太郎『剣客商売 17 番外編 黒白 上』より引用
  • と、当日の捕虜収容所とされていた大和内山の永久寺へ駈けて行った。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 凶器は、長井家と内山家の間にかかる橋の下の沢の中から発見された。 森村誠一『野性の証明』より引用
  • 七月二十三日午前五時、小松原と内山は予定どおり攻撃命令を下した。 半藤一利『ノモンハンの夏』より引用
  • しかし、ついに内山文太は、小兵衛のたのみを引き受けることになった。 池波正太郎『剣客商売 17 番外編 黒白 上』より引用
  • 内山老人がとうとう入院することになったと、ある日浅香は彼に報告した。 梅崎春生『幻化』より引用
  • 三方を山に囲まれていることから内山といい、院号を金剛乗院といった。
  • 次へ »

内山 で始まる単語