内務省bia

11 の用例 (0.00 秒)
  • インディアンたちはBIA本部ビルで、内務省BIAと平和的に要求交渉を行う予定だった。
  • 彼らは内務省BIAに以下の20項目の要求を突きつけた。
  • この割り当てられた個人所有地は完全な所有権が与えられたわけではなく、25年の連邦政府、内務省BIAの信託のもとに保留され、その賃貸・売却などの処分は自由にはできなかった。
  • この申請が内務省BIAで承認されれば、この土地はコウリッツ族の政府、住宅、産業のための保留地となる。
  • 「インディアン部族である」と内務省BIAに承認させるには、部族員の血統証明書を始め、何千という書類と何十年という法廷係争が必要となる。
  • ニプマク族は州の公認を受けている部族であるが、2004年に内務省BIAはニプマク族の連邦公認要求に対して、連邦が「部族国家」と承認するための7つの条件のうち、彼らには4条件が足りず、公認できないと返答した。
  • 内務省BIAとインディアン健康サービス局は、保留地のインディアンたちに都市部での仕事を斡旋し、インディアンたちに「もう保留地には戻らない」と一筆書かせた。
  • ポーニー族出身のBIA副長官、ケビン・ガバーが、2世紀近くにわたる内務省BIAの対インディアン政策の犯罪性を認め、その施政を正式に民族浄化だとし、「歴史的謝罪」を行ったのは、ようやく21世紀を前にした、2000年になってからのことであった。
  • 部族会議内外ではウィルソンの公私混同が批判され、動議が出されたが、部族会議の顧問機関であるアメリカ合衆国内務省BIAは、まったくこれを取り合わなかった。
  • 内務省BIAやIHSは、保留地のインディアンたちに都市部での仕事を斡旋し、インディアンたちに「もう保留地には戻らない」と一筆書かせた。
  • 彼らは1958年からの「インディアン絶滅方針」に則って内務省BIAからインディアンとしての認定を取り消され、「絶滅部族」とされて保留地を没収された。