内務省衛生局

28 の用例 (0.00 秒)
  • まして、内務省衛生局には、星に対して好意を持っていない者が多い。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • また、内務省衛生局はエイクマンに依頼していた原稿を翻訳し、を明治23年に刊行した。
  • 内務省衛生局によると政府として10年や15年では手が出せない、国家のためにやってくださいということであった。
  • 内務省衛生局の役人であった者を支配人に迎え、その官庁内への顔を最大限に利用し、各種の便宜を得たりしていた。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 明治10年2月、エイクマンは日本の内務省衛生局の招きに応じて来日した。
  • 一八八三年、東大医学部を三十二歳で卒業した北里は、内務省衛生局に入って、しばらく、国内の衛生行政を担当する。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • 相当な利権だが、総督府の上層部への働きかけが成功し、内務省衛生局に顔がきいていれば、そう困難なことではなかっただろう。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • そこまではいいのだが、監督官庁である当時の内務省衛生局からさまざまな妨害を受けはじめ、それとの闘争がはてしなくつづくことになったのである。 星新一『きまぐれ博物誌』より引用
  • 明治二十七年に香港で流行し、日本の内務省衛生局から、北里柴三郎が派遣され、菌の分離確認に成功した。 星新一『あれこれ好奇心』より引用
  • したがって、特にこれを廃止する手続きは取られていないが、内閣記録局からの照会に対する内務省衛生局の回答では、各種の法整備が進められた結果、すでに「自然消滅」したとされている。
  • 星はとるものもとりあえず、内務省衛生局へかけつけ、依頼した。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 星は感情を押え、内務省衛生局に出かけ、指示に従うと申し出た。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 外務省はともかくとして、内務省衛生局のことを思うと、こころよく引受ける気になれたものではない。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 台湾製薬へのコカイン製造の大量の認可は、総督と内務省衛生局とのあいだで話しあいがおこなわれ、左のごときもっともらしい理由のもとになされた。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • ともあれ、内務省衛生局に入った北里は、二年後の一八八五年、かねて待望のドイツ留学におもむくことになる。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • こうして、八四年暮に帰国した緒方は、東大での教授のかたわら、内務省衛生局の東京試験所でも、細菌学の実験手法を指導する。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用
  • その中心となったのは、内務省衛生局出身の工場調査掛長窪田静太郎で、のちに行政裁判所長官、枢密顧問官を歴任した人物である。 紀田順一郎『東京の下層社会』より引用
  • 官庁関係で当時、星への公文書発行の直接の担当者であった前内務省衛生局医務課長の野田忠広氏は、自己の行為と上からの圧力の板ばさみで苦しんだためか、先月とうとう病死してしまっている。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • ほか、内務省衛生局、駅逓局、農商務省などで統計整備に指導的役割を果たす。
  • 父・久一郎はプリンストン大学やボストン大学に留学経験もあるエリートで、内務省衛生局に勤務していた。
  • 次へ »