内務省系官庁

5 の用例 (0.00 秒)
  • 旧内務省系官庁の事務次官・長官経験者が就任するのが慣例となっている。
  • 今日、特にこれらの省庁を指して「旧内務省系官庁」と呼ぶことが多い。
  • 事務担当の副長官は、中央省庁再編以前は旧内務省系官庁のうち警察庁、旧自治省、旧厚生省の次官級のポストを経験した者から任命されるのが慣例となっており、省庁再編後も概ね踏襲されてきた。
  • 宮内庁長官には、旧内務省系官庁の事務次官、あるいはそれに準ずるポストの経験者が、宮内庁次長を経て、就任することが慣例となっている。
  • また、厚生労働省は旧内務省系官庁にあたり、事務次官経験者は、内閣官房副長官や宮内庁長官に進む例もある。

内務省系官庁 の使われ方