内務省御用掛

5 の用例 (0.00 秒)
  • 同年10月、内務省御用掛となり、さらに和歌山県少書記官を務めた。
  • 内務省御用掛として1882年奏任御用掛、医術開業試験対策調査事務となる。
  • 明治11年5月に内務省地理局に地質課が設置されると、和田維四郎は内務省御用掛として東京大学より内務省地理局地質課に移り、ナウマンと協力して、最初の全国的地質調査である二十万分の一地質図幅調査事業の開始する。
  • その後、東京へ移り、内務省御用掛と勧農局事務取扱役を兼任し、下総牧羊場で勤務した。
  • 内務省御用掛となり、のち大蔵省に転ずる。