内務省土木

45 の用例 (0.01 秒)
  • 父の義潔は旧幕臣で後に内務省土木局に勤務し、大阪、名古屋などに移った。
  • また内務省土木局に属し、多くの道路整備、河川の改修・維持事業に携わる。
  • 名称は、建設の指揮を執った内務省土木局長の石井省一郎に由来する。
  • 勤務のかたわらで日本大学に通って高等文官試験に合格し、内務省土木局に入った。
  • 国内政策としては、内務省土木局に砂防専門部署を設け砂防事業の発展に貢献した。
  • 日本において河川総合開発の理論を提唱したのは、当時内務省土木試験所所長の職にあった物部長穂である。
  • 戦前の本間の仕事の前半は内務省土木試験所および下関港修築事務所でなされたものであり、後半は東京帝国大学での研究である。
  • 同年8月にタイ政府より日本の外務省にも参加誘致があり、内務省土木局にて設計を行うこととなる。
  • 日本における道路橋の基準の整備は、1886年に内務省土木局により「道路築造保存方法」が制定され、橋の設計に用いる車両の荷重が規定されたことに始まる。
  • この当時、秋田県出身で東京帝国大学教授・内務省土木試験所所長の職に就いていた物部長穂は日本におけるその後の河川開発に重大な影響をあたえた論文を1926年に発表した。
  • 東京帝国大学教授で内務省土木試験所長の職に就いていた物部長穂による河水統制計画案がそれである。
  • 土木研究所は内務省土木局の道路材料試験所、建築研究所は大蔵省大臣官房営繕課の研究室と、港湾空港技術研究所は鉄道省の港湾研究室としてそれぞれ発足している。
  • 当時河川行政を管轄していた内務省は、1926年に東京帝国大学教授・内務省土木試験所長の職にあった物部長穂が発表した「河水統制計画案」を採用し、従来多様な事業者が別個に行っていた治水と利水を一元的に開発するという河川総合開発事業を強力に推進しようとしていた。
  • 東京帝国大学教授・内務省土木試験所長の物部長穂が提唱した河水統制事業はアメリカでのTVAの成功もあって戦後日本の河川行政の根幹になっており、物部の故郷である秋田においても計画されたのである。
  • 事業費は当時の予算で10万円であるが、この事業費は当時の内務省土木局の年間予算の10分の1にあたり、いかに巨大なプロジェクトであったかが分かる。
  • 明治27年、当時、内務省土木局長の都筑馨六から招かれ、内務省に入る。
  • 現在の価格にして4億円相当とされる退職金が支給され、当時の上官で内務省土木局長だった古市公威ら高級官僚による労いもあったとされる。
  • その後、徳島県・岡山県の各知事を経て、1929年7月、内務省土木局長となる。
  • これを審査した内務省土木寮・石井省一郎も奥村と同様水道の鉄管化の必要性を説いた。
  • 改築費用は東京府と神奈川県が負担だが、内務省土木局の道路改良費から改築費用の2分の1、六郷橋は3分の1を補助を受けている。
  • 次へ »

内務省土木 の使われ方