内務省

全て 名詞
2,980 の用例 (0.02 秒)
  • 戦前の日本では内務省という組織がほぼ同じような機能を担当していた。 中山元『フーコー入門』より引用
  • こうなったら直接内務省に出向いて担当のお役人に聞いてみるよりない。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 戦前の内務省は全国を支配し、政権党に奉仕する機関になっていたのだ。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • 正式には国立墓地の外にあり、内務省国立公園局が所有し管理している。
  • 原はこれらの動きを内務省のにぎる警察の情報網をつうじて手に入れた。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 当時の橋梁設計は主に内務省や鉄道省などの組織の内部で行っていた。
  • しかも内国安全保障局という機構それ自体は内務省の一部局なのである。 田中芳樹『銀河英雄伝説 06 飛翔編』より引用
  • 衛士に囲まれた内務省の正面玄関の前に立っただけで吟子は足がすくんだ。 渡辺淳一『花埋み』より引用
  • 臨時建築局は内務省に移管され、ドイツへの留学生は帰国を命じられた。
  • 文部省も内務省もこの点は意を安んじてもいいであろうと思われた。 寺田寅彦『二科展院展急行瞥見』より引用
  • 松本学の存在が内務省の手出しを控えさせたと考えることも可能である。 和田利夫『昭和文芸院瑣末記』より引用
  • 内務省に連絡してみると、輸出許可を与えたものではないとのことだ。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 出発前に、外務省と内務省からこの調査を依頼されていたためである。 星新一『人民は弱し 官吏は強し』より引用
  • 九年十一月、内務省は、驚くべき事実を政府および関係方面に知らせた。 半藤一利『聖断 天皇と鈴木貫太郎』より引用
  • この挿話も、内務省と陸軍との関係などモヤモヤしたものを感じさせる。 角田房子『甘粕大尉 ―増補改訂』より引用
  • 内務省十等属西村織兵衛は、訪ねてきた藤兵衛の話を聞いて顔色を変えた。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • 明治時代に、内務省は消防組を警察機関の一部として吸収していった。
  • ほかに内務省所属の警察があり、市内警備・国境警備などにあたっている。
  • 内務省は政治団体としての承認を拒否したが、陸軍の青年将校の支援を受けた。
  • 図書館などの周辺施設の復興にあたっては、内務省から補助がなされた。
  • 次へ »