内側靭帯損傷

5 の用例 (0.00 秒)
  • 精密検査の結果、左足腓骨骨折および左足首内側靭帯損傷で全治3ヶ月の重症であることが判明、2008年シーズン残り試合の出場は絶望的となった。
  • はキャンプ序盤の2月5日にベースランニング中に足を滑らせ、左ひざ内側靭帯損傷で全治6週間の怪我を負っている。
  • 入社以来3年間は左手首骨折、左膝内側靭帯損傷など怪我に苦しみ、スクラムハーフのポジションには堀越正巳がいたため、試合に出場する機会には恵まれなかった。
  • は選手会長を松中に譲り、打撃に専念してキャンプを消化していたが、同年3月6日のオープン戦でホーム生還時スライディングの体勢で椎木匠と交錯し、右膝の前十字靭帯断裂・内側靭帯損傷・外側半月板損傷・脛骨と大腿骨挫傷という重傷を負う。
  • オープン戦で主砲の小久保が右膝の前十字靭帯断裂・内側靭帯損傷・外側半月板損傷・脛骨と大腿骨挫傷というシーズン絶望の重傷を負うアクシデントがあったが、代わりに松中が4番に座り、前年に引き続き「ダイハード打線」が爆発した。