内側側副靱帯

22 の用例 (0.00 秒)
  • 検査の結果内側側副靱帯を故障しており戦線を離脱した。
  • しかし肘の故障で11月20日に右肘関節内側側副靱帯の再建手術を行った。
  • シーズン終盤に内側側副靱帯と後十字靱帯を負傷した。
  • 同年11月16日、左肘の内側側副靱帯再建手術を行なった。
  • MESのシーンにおいては前腕が回外を保持できなければ利き腕の内側側副靱帯に多大なストレスを与えてしまうケースが存在するとされる。
  • 内側側副靱帯の前十字靭帯を負傷・前十字靭帯再建術が必要と診断され、半年間ボールを蹴られない日々が続いた。
  • も開幕から正左翼手としてプレーしたが、4月12日に右膝内側側副靱帯を損傷し故障者リスト入りする。
  • は一軍で6試合に先発したが6月に右ヒジ痛を訴えて登録を抹消され、検査の結果内側側副靱帯損傷が判明した。
  • 翌7月場所は自己最高位に昇進し幕内を目指していたが、場所前に放駒部屋へ出稽古に来ていた当時日本大学4年生の山崎直樹と稽古した際に左膝内側側副靱帯損傷の大怪我を負う。
  • 同年末、イタリア・セリエAのUSレッチェから興味を持たれていたが、12月の天皇杯浦和戦で左膝内側側副靱帯を損傷してしまう。
  • 前年に左サイドの選手として活躍したマルコンに代わる選手として期待されていたが、キャンプ中の同2月3日に行われたコンサドーレ札幌との練習試合で相手ゴールキーパーと激しく接触し、左膝前十字靭帯・内側側副靱帯断裂の重傷を負った。
  • その荻野が離脱したことで2番で起用されるが、5月30日の対横浜ベイスターズ戦において、盗塁を試みた際に左膝前十字靱帯・内側側副靱帯を損傷する大怪我を負い、残りのシーズンを棒に降ってしまった。
  • は二軍戦1試合に登板したものの、その後右肘の故障が発覚し、6月6日に右肘関節内側側副靱帯再建手術を受けた。
  • 内側側副靱帯は、大腿骨と脛骨を結ぶ靭帯である。
  • 翌9月場所では、3日目の豊真将戦において上手出し投げで敗れた際に左膝を痛め、左膝内側側副靱帯損傷により全治1週間という診断を受けて、翌4日目より休場した。
  • 好ペースで得点を挙げていたが、同年5月のJ2第10節甲府戦で左膝前十字靭帯及び内側側副靱帯を断裂し、長期のリハビリとコンディション調整を強いられた。
  • には右ひじの内側側副靱帯を痛め、フランク・ジョーブの執刀でクリーニング手術を受ける。
  • その後も回復が遅れて、9月場所初日の前に『右膝前十字靱帯断裂及び右膝内側側副靱帯断裂で更に安静2ヶ月が必要』という診断書を日本相撲協会に提出して休場することになった。
  • その活躍から4ヶ月後の12月には、早くもドイツ代表に初招集される等、順調なステップアップを感じさせていたが、2005年4月9日のVfBシュトゥットガルト戦で相手選手のアンドレアス・ヒンケルと衝突した際に内側側副靱帯と後十字靱帯が断裂してしまい、そのままシーズンを終了した。
  • 前年に続きダヴィと中山元気の起用が優先された事に加えて、新人の宮澤裕樹の台頭、この年に加入したクライトンのフォワード起用などもあり、また、6月に右膝内側側副靱帯損傷の怪我を負った影響も重なってしまい、リーグ戦の出場は9試合に留まり、プロ4年目にして初めてゴールを挙げられないシーズンとなった。
  • 次へ »

内側側副靱帯 の使われ方