内側側副靭帯

20 の用例 (0.00 秒)
  • その週の練習で内側側副靭帯を損傷した彼は負傷者リストに入り、シーズンを終えた。
  • その後も左膝内側側副靭帯損傷などの怪我が相次ぎ、出場機会を大きく減らした。
  • 精密検査の結果、内側側副靭帯の断裂と診断され、再建手術を行う事となった。
  • このうち、内側側副靭帯が断裂した際に再建手術として行われるのがトミー・ジョン手術である。
  • 試合後に直行した病院での検査で、鼻骨骨折と左膝の内側側副靭帯損傷と診断された。
  • 主力として活躍するも、2014年2月左膝内側側副靭帯損傷により長期離脱した。
  • また十字靭帯の他、内側側副靭帯は膝を外反強制された時に損傷しやすく、損傷の頻度が高い。
  • トミー・ジョン手術では、主に野球選手の断裂した肘関節の内側側副靭帯に本人の長掌筋の腱を移植する。
  • 手術後も試合に出場することがなく、7月に前十字靭帯と内側側副靭帯の断裂が発表され長期間の離脱を余儀なくされている。
  • 決勝戦でベッカムは右足の膝を負傷し、MRIを行った結果、内側側副靭帯の損傷であることが判明し、その後6週間チームから離脱することになった。
  • は3月に左ひじ内側側副靭帯再建手術を受け、シーズンをリハビリに費やしたため、一軍・二軍ともに登板はなかった。
  • 同年10月でリーグ戦初ゴール、2009年も活躍が期待されていた が、リーグ戦開幕前の3月5日練習中に左膝前十字靭帯断裂と内側側副靭帯損傷し長期離脱することとなった。
  • 尺骨神経は肘部管の高さで上腕骨内側上顆の背後から尺骨神経溝を通過し、続いて内側側副靭帯と尺側手根屈筋上腕頭、尺骨頭の間に張る弓状靭帯で囲まれた場所、すなわち肘部管を通る。
  • 盛田の怪我によりレギュラーになるも、同年5月左膝前十字靭帯断裂と内側側副靭帯及び外側半月板の損傷という大怪我を負い、シーズンを棒に振る。
  • 右ひざ前十字靭帯再断裂ならびに内側側副靭帯損傷で全治8ヶ月となり、2年連続での長期離脱となった。
  • 続く3月10日J2第2節松本戦でもゴールを挙げ、その他の得点シーンにも絡むなど、シーズン前半の愛媛において欠かせない存在となっていたが、7月末に右膝内側側副靭帯損傷の怪我を負い離脱した。
  • 坐骨結節から起こり、半膜様筋腱は内側側副靭帯の下方で3部に分かれ、第1部は前方へ向かって脛骨の内側顆へ行き、半膜様筋腱の第2部は膝窩筋の筋膜に移行する。
  • しかし1996年7月場所、小錦との取組に勝った際、体重差約200kgの小錦が舞の海の左膝へ倒れ込み、左膝内側側副靭帯損傷の大怪我を負い、同場所及び翌9月場所を休場し十両へ陥落した。
  • しかし、その翌日の6月2日、対西武戦で和田一浩の打球を処理する際、古傷の右手親指内側側副靭帯を剥離骨折し、長期にわたり登録抹消となる。
  • 膝関節の前側、後側、内側、外側には、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯がそれぞれ配置されている。