兼ねる者

17 の用例 (0.00 秒)
  • また、蔵人頭と大弁または中弁を兼ねる者もおり、特に頭弁と称された。
  • また、給主の中には預所職・下司職などの荘官の地位を兼ねる者もいた。
  • また、神職の中には国府の役人を兼ねる者がおり、中央とも盛んに交流がなされ、伊予郡の文化的拠点ともなった。
  • 議員は、官職を兼ねる者を除き、必ずその議院・議会の常任委員会の一つ以上に所属する。
  • 統計学において経済関連の統計が主流分野として立脚していること、統計学者や経済学者と統計学者を兼ねる者が両分野の発展に大きく貢献してきたことからもわかるように、古くから社会全体を実験室に見立てて統計学を使い裏付ける方法が経済学において多用され影響を与えてきた。
  • 芸術家に同性愛者と共産主義者を兼ねる者が多いことを「典型的に」表した言葉であるが客観的とは言い難い。
  • ただし、現実的には荘園を寄進した者あるいは荘園支配の実務を行った荘官の中には在庁官人を兼ねる者も多いなど、完全に国衙の影響力を排除した例は少なかった。
  • だが一方で、商人司の中には大名家の御用商人を兼ねる者が多く、しかも商人司自体が大名に任じられていた役職であることを指摘して、むしろ大名の代官として商人の統率者としての側面を重視する見方もある。
  • チャクウィキのユーザーには、ウィキペディアンを兼ねる者や2ちゃんねらーを兼ねる者も多く内在しており、それらから経由されてきた情報や噂を供給している。
  • またボヘミア、ハンガリーの王を兼ねる者も現れ、一時はヨーロッパ最大の王国として繁栄したが、1572年に断絶した。
  • しかし近年では、J-POPの世界においても過去に実績のある作詞家や、プロデューサー業務を兼ねる者をのぞいて、欧米同様の流れになりつつある。
  • 会員中には、天弓会、銀鈴社、丹平写真倶楽部、白日社、アヴァンギャルド造影集団など、写真家により結成された他の団体の会員を兼ねる者も多く、この主義と関係していると考えられる。
  • また幼くして即位した天皇が在位中に元服の儀式を執り行う場合は皇族の長老などではなく、幼帝在位時にその政務を代行する摂政の職と天皇の師範である太政大臣の職を兼ねる者が加冠役を務めた。
  • 少年院には音楽が更生プログラムとして設けられていたことから軍楽隊を兼ねる者もあり、少年院出身でロイヤル・ハワイアン・バンドに所属するチャールズ・パリカプ・カレイコアがリーダーとなった。
  • 門人を兼ねる者もいた。
  • 次に、参議であって左大弁・右大弁を兼ねる者、参議であって近衛中将を兼ねる者、参議であって検非違使別当を兼ねる者は、単に年功序列で中納言となる者よりも優先的にあるいは短期間で昇進できた。
  • 「樞密顧問は樞密院官制の定むる所に依り天皇の諮詢に応え重要の国務を審議す」と規定され、元老と兼ねる者が多かった。