兼ねる場合

53 の用例 (0.00 秒)
  • また、鉄道で分断されていた南北の市街地を結ぶ自由通路を兼ねる場合もある。
  • この帯色はラインカラーの表示を兼ねる場合もある。
  • 特に日本においてはCOOを置かず、CEOがその役割を兼ねる場合が多い。
  • 大会によっては競技会そのものが別の競技会の予選を兼ねる場合や、複数の競技会にまたがって予選を行う場合もある。
  • また移動の痕跡が少なく敵に発見されにくいことから、斥候としての任務を兼ねる場合がある。
  • セル画で制作されていた時代は演出助手を兼ねる場合もあり、演出の横で「撮影出し」の作業をすることもあった。
  • 体に着用するものには、体の保護を目的とするものと、装飾を目的にするものとがあるが、両方を兼ねる場合も多い。
  • ファシリテーターが参加者の立場も兼ねる場合もある。
  • これは骨格を兼ねる場合があるほか、ボディーラインなどの形状を保持する役目も持つ。
  • ただし、登記原因証明情報が代表者資格証明情報を兼ねる場合があり、その場合は添付する必要はない。
  • 指名競争については、一般競争の名簿と兼ねる場合を除いて、参加資格の制定が義務づけられている。
  • 宮座においては、頭人・頭屋が神主の役を兼ねる場合と専門の神職が神主を務め、頭人・頭屋は舗設のみを管轄する場合がある。
  • 寺院の僧侶の居住する場所、また寺内の時食を調える、つまり台所も兼ねる場合がある。
  • 施設の受付が電話応対を兼ねる場合、訪問者とのコミュニケーションの面では兼任の方が対応がよい場合もあるだろう。
  • また、総当たり戦以外でも団体対抗戦を兼ねる場合には勝ち点によって団体順位を決めたり、レスリングのように個人戦トーナメントで採用される場合もある。
  • 建築家が建築評論家を兼ねる場合もある。
  • 団体競技では翌々年のオリンピック出場枠を争うアジア予選を兼ねる場合があり、個人競技でも同じ国の選手同士で翌年度に集中する夏季オリンピック選考の重要な前哨戦ともいわれる。
  • これは投球以外にもスコアラーや用具係など裏方の業務を兼ねる場合が多いためである。
  • 選手会長は団体代表を兼任する選手や選手代表、現場監督などとは別の選手が務めるが、プロレスリング・ノアのように選手会長が取締役を兼ねる場合もある。
  • ISP事業は、届出電気通信事業者や登録電気通信事業者、認定電気通信事業者の事業範囲に含まれる為、これらの事業者がISPを兼ねる場合もある。
  • 次へ »