具合を見

118 の用例 (0.00 秒)
  • よろしければ、これからお身体の具合を見させてもらってもいいですか? 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』より引用
  • 一人の事務官がそこを離れて、家の具合を見るように横に回った。 松本清張『波の塔(下)』より引用
  • 僕はいつものようにまずバーの方に顔を出し、しばらく客の入り具合を見ていた。 村上春樹『国境の南、太陽の西』より引用
  • この忍返しの具合を見ると、ちょうど山木の部屋のそれと同じ構造である。 久生十蘭『魔都』より引用
  • 母はストーヴの火具合を見てから、親しみ深くおぬいのそばに来て坐った。 有島武郎『星座』より引用
  • 母に聞いたら、名古屋のほうへ新しい船の仕上がり具合を見に行ったんですって。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』より引用
  • 衣服などの汚れ具合を見ても、だいぶ長いこと山の中に入っていた様子である。 森村誠一『腐蝕の構造』より引用
  • できあがり具合を見ても、彼女の努力は結実したと言っていいよな。 谷川流『涼宮ハルヒの憤慨』より引用
  • これはもっとも、木の裂け具合を見ても、室内から撃たれたものです。 三上於菟吉『踊る人形』より引用
  • 彼はその時、開いた窓のそばに立ってお天気の具合を見ていた。 福永武彦『廃市・飛ぶ男』より引用
  • 具合を見た上で注文しやうぢやありませんか。 牧野信一『F村での春』より引用
  • 傷の具合を見るや女たちに指示を出している。 支倉凍砂『狼と香辛料ⅩⅢ Side ColorsⅢ』より引用
  • 動輪を改良したのでその具合を見てみたかったのである。 橋本克彦『日本鉄道物語』より引用
  • すみれは腕を上げ、下から覗き込むようにして自分のひじの傷の具合を見ていた。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第01巻 幸福の桜色トルネード』より引用
  • それらを持って控室へ掛けに走ってゆき、また走って戻るとスープの具合を見た。 カフカ/中野孝次訳『審判』より引用
  • 授業時間は進み具合を見て延長すればよい。 赤川次郎『マリオネットの罠』より引用
  • 自分はその目の様子とほおの具合を見て、これはどのくらい重い程度の病気なんだろうと疑った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 自分はその眼の様子と頬の具合を見て、これはどのくらい重い程度の病気なんだろうと疑った。 夏目漱石『行人』より引用
  • 世古口せこぐち君の料理の進行具合を見ながら、次の客の注文を聞く。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • 竈はひとすじの白煙を立てていて、どうやら火を入れて具合を見ているようでした。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 次へ »

具合を見 の使われ方