具合がいい

97 の用例 (0.00 秒)
  • お石一人をつれて行ってもいいが、まあ、お吉も一緒のほうが具合がいい。 平岩弓枝『御宿かわせみ 31 江戸の精霊流し』より引用
  • それは男がすることであって、私は被害者の立場にいる方が具合がいいのだ。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • これが刃の方向を安定させるのに具合がいいということだ。 高田宏『木に会う』より引用
  • それに世の中は、こいつらをなくしちまったほうが、具合がいいんだ。 ウルフ/岡部宏之訳『新しい太陽の書2』より引用
  • 仕事があったら僕はずっと東京に居られるから具合がいいです。 石川達三『充たされた生活』より引用
  • 家も近いが稽古場もすぐ近所だから、こういう時には具合がいい。 芥川比呂志『決められた以外のせりふ』より引用
  • この場合も,内容に共通点のあるカードに同じ色のしるしをつけると具合がいい. 木下是雄『レポートの組み立て方』より引用
  • 母子二人きりなため、こういうしんみりした話をするには非常に具合がいい。 丸谷才一『年の残り 他』より引用
  • 俺は、事情をあまり知らない外の人は具合がいいと思った。 時雨沢恵一『キノの旅 第07巻』より引用
  • このほうがおしやれの成果を見せるのに具合がいいからだらう。 丸谷才一『女ざかり』より引用
  • それに、マニー、わたしたち二人のためにも、そのほうが具合がいいのよ。 ハインライン『月は無慈悲な夜の女王』より引用
  • その点、アマヤさんのシリコンは柔らかいのでとても具合がいいのです。 永沢光雄『風俗の人たち』より引用
  • 一日一枚で、ちょうど具合がいいじゃありませんか? ディケンズ/青木雄造・小池滋訳『荒涼館(1)』より引用
  • 高級なホテルはこういうとき具合がいい。 半村良『闇の中の黄金』より引用
  • その公園のわきには屋根付きの休憩所のようなものがあり、テーブルもあって外で食事するにはとても具合がいい。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス08 ミキシング・ノート』より引用
  • なまじ素っ裸でやらぬほうが具合がいいとも、仲間に吹聴していた。 五味康祐『いろ暦四十八手』より引用
  • この方式のほうが身軽で具合がいいのは理の当然だった。 橋本克彦『日本鉄道物語』より引用
  • 椅子に坐ってみても丁度ちょうど腰の下ろし具合がいい。 海野十三『蠅』より引用
  • 家にも車はあったんだけどね、やっぱり宮内省の車の方がいろんな所を通過するのに具合がいいからね。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • 似たような籠を使って漁をする者もいるが、猿重の工夫したものの方が、具合がいい。 夢枕獏『陰陽師鳳凰ノ巻』より引用
  • 次へ »