具に

全て 副詞
68 の用例 (0.00 秒)
  • 中京圏では喫茶店でもサンドイッチは基本的なメニューとして用意されていることが多く、具に焼きそばやスパゲッティなどの麺類まで用いられることもあった。
  • これら諸本が佐藤進一・池内義資編『中世法制史料集』第1巻で具に対校されている。
  • 安く作るため、具にジャガイモを加えることがあり、オリーブを入れないことが多い。
  • おでんの具は店によって異なり、基本的な盛り合わせというものは無いが、山間部の茶屋ではチシマザサの竹の子が具に含まれている。
  • その、我儘という、もや、もや、としたものが凝り固まって、どうにも解けなくなったような状態をつぶさに見た。 森茉莉『甘い蜜の部屋』より引用
  • 病床の様子は秋挙「士朗先生病床日記」「朱樹翁終焉記」に具に記録されている。
  • 小ぶりで皮が厚く具に野菜が多いため味はあっさり系で、にんにくは具に入れず薬味として使う店が多い。
  • しかし、アメリカ留学で自動車産業の発展をつぶさに見て来た鉄平は、ベアリングの素材となる軸受鋼じくうけこうの将来性を見通し、大量生産によるベアリング鋼の製造を強く主張して、高級鋼の生産一本で手堅く経営して行こうとする中小企業的感覚の幹部たちと鋭く対立した。 山崎豊子『華麗なる一族 上』より引用
  • 火折尊帰り来たりて具に海神の教えに遵う。
  • 変わったものとしては、羊の胃袋の中にさらに別の部位の臓物を練りこんだアンドゥイエットと呼ばれる臓物ソーセージを具に用いることもある。
  • 鴨とネギが具に使われることが語源である。
  • また、かつてフランス領であったベトナム、ラオス、カンボジアなどではフランスパンのサンドイッチがよく食べられるが、具にでんぶを使う場合が多い。
  • 非常に大きな包みパイは切り分けてで冷製で食べ、通常は鶏肉、ハム、ジビエなどの2種以上の肉を具に使う。
  • 一般的なサンドイッチは具に水分が含まれるため、もっぱら少し乾燥したパンを使用するが、カツサンドはカツのサクサクした衣に合う、やわらかいパンを使用する事がある。
  • あーさー汁は、沖縄県特有の汁物で、春先に海岸で潮がひいたときに岩についているのを採ることができる「あーさー」を具に用いる。
  • 味噌などを入れない「澄まし汁」が多く、麩なども具に入れる。
  • 怪鳥に悩まされるものゝ姿も、つぶさに写しとりました。 芥川竜之介『地獄変』より引用
  • 具になる内臓の風味はほとんど除かれており、どちらかと言えば鰹節出汁のスープで煮込まれたモツの歯ごたえや食感を楽しむものである。
  • 具に芋類を加えることがあるが、赤城山や榛名山の山麓部ではサトイモが使われ、吾妻郡や多野郡の山間部ではジャガイモがよく用いられる。
  • 完全に標準的なパスティの材料は無いが、伝統的なレシピではサイコロ状に切った、または薄切りの牛肉、極薄切りのタマネギとジャガイモが具に含まれる。
  • 次へ »