兵舎の窓

5 の用例 (0.00 秒)
  • 隣の兵舎の窓にも電燈がともり、舎前の雪が明るくなっていた。 松本清張『虚線の下絵』より引用
  • だが、兵舎へいしやの窓には、時ならぬ拳銃けんじゆうの発射音にねむりをさまされた兵士の顔が鈴生すずなりだった。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • 第一兵舎の窓の手すりに綱をかけ、首を吊っていた。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 兵舎へいしやの窓にも、鈴生すずなりの顔があった。 光瀬龍『紐育、宜候 SF〈太平洋戦争〉』より引用
  • キャンバスシートが蠣輻こうもりの翼のように飛び狂い、ジープは横転し、兵舎の窓ガラスが割れ、電線が切れて火花が宙にはねる。 田中芳樹『創竜伝 第03巻』より引用