兵舎のよう

15 の用例 (0.00 秒)
  • 通りに面している側には、兵舎のようにドアが並んでいる。 シムノン/長島良三訳『メグレと宝石泥棒』より引用
  • 出口三番で降り、右に向うと、軍隊の蒲鉾かまぼこ兵舎のような建物がならんでいる。 深田祐介『暗闇商人(上)』より引用
  • 木造二階建ての、兵舎のような大きな建物の前で、浩はもう一度深呼吸をした。 深田祐介『炎熱商人(上)』より引用
  • 近づくと兵隊さんの姿もあり、兵舎のようなものもある。 海野十三『海野十三敗戦日記』より引用
  • わんをふせたドームの中央地面には兵舎のようなものが整然と立ち並んでいる。 E・E・スミス/川口正吉訳『スカイラーク3』より引用
  • 彼は、郊外の兵舎のような施設のなかで育ちました。 シムノン/宗左近訳『男の首』より引用
  • 鉄のベッドは黒く、陰気で、毛布はきたない兵舎のような灰色だった。 シムノン/長島良三訳『メグレと殺人者たち』より引用
  • 私たちは兵舎のように憐れな病棟と病棟との間をぬけて黒い冬の海の拡がる浜に降りた。 遠藤周作『月光のドミナ』より引用
  • エセルになら、どんなゴタゴタした所でも軍隊の兵舎のように整然とできるでしょう。 マーフィ『(ミルドレッドの魔女学校シリーズ4)魔女学校、海へいく』より引用
  • なかで私の目的地の病棟は女の患者ばかりで、木造の兵舎のような薄暗い大病室に寝着姿のさまざまの年齢の女性患者が根を失った植物のようにひょろひょろとあるいていた。 種村季弘『食物漫遊記』より引用
  • 彼らは兵舎のようなものに寝とまりしていたが、その建物の格子窓は、高さが二十七メートル以上もある黒壁の中央にあけられた尼寺の表門から、門番尼僧が番をしている内門につづく狭い通路に面していた。 スタンダール/宗左近訳『カストロの尼』より引用
  • くすんだ赤ぺンキが塗ってあって、これまで見たうちで最も荒涼とした平原の中に、兵舎のように立っていた。 イネス/大門一男訳『蒼い氷壁』より引用
  • カマボコ型の兵舎のような形をした、木造トタンぶきの本部棟のうち、特講の会場として使われるスペースは、四〇〜五〇畳ほどもあろうか。 富田倫生『パソコン創世記』より引用
  • 正門前で自動車から降りて、見ると、学校は渋柿色の木造建築で、低く、砂丘の陰に潜んでいる兵舎のようでありました。 太宰治『みみずく通信』より引用
  • やっと、兵舎のような、長い木造の建物にたどりついた。 安部公房『砂の女 (末尾補完)』より引用