兵卒

全て 名詞
1,811 の用例 (0.01 秒)
  • 昨夜からの強行軍の連続で、兵卒たちはなによりも水がありがたかった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • また、大学を卒業した者は、兵卒ではなく予備将校としての訓練を受ける。
  • 歩兵の兵卒からみれば私宅から乗馬で通勤する将校はごく少数であった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 部隊の大きさにもよるが士官と下士官、兵卒を分けて行われる場合もある。
  • しかし、この記事を掲載した段階では関係兵卒から取材する機会はなかった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 成程氏郷の兵卒等は知らなかったろうが、氏郷が知らなかったろうとは思えぬ。 幸田露伴『蒲生氏郷』より引用
  • このことが原因して兵卒と警官との間にはたびたび紛争が起っている。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • 同年アメリカ軍に兵卒として入隊し、に所属、太平洋地域に派遣される。
  • 彼らは、自分をめぐる社会主義者たちの中の最も軽い兵卒たちにすぎない。 山田風太郎『明治バベルの塔 -山田風太郎明治小説全集12』より引用
  • その原因は、邏卒と兵卒の構成によるものではないかと言われている。
  • 言うなれば、兵卒もまた一般官員のごとく単なる俸給生活者でしかない。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • だが、今、彼は、一兵卒の柿本の銃の前に、一個の生物でしかなかった。 黒島伝治『武装せる市街』より引用
  • 兵卒はそれだけの金で一カ月の身ざんまいをして行かねばならない。 黒島伝治『穴』より引用
  • その軍勢のうちにおいては、一兵卒といえども将軍と同じく英雄であった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • 兵卒は、露西亜人を殺したり、露西亜人に殺されたりしているのである。 黒島伝治『雪のシベリア』より引用
  • 兵卒たちはこれを聴いて以来、陳勝を見ては恐れ、噂をしあうのだった。
  • それに気がついたいま、猪熊は語りかけるべき兵卒を持っていなかった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 上将軍 間牒に出した、信用の置かれる一兵卒が、 今岩を降りて来ます。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • ケレンスキーがそれを全露労働者兵卒ソヴェト中央執行委員会に貸した。 宮本百合子『スモーリヌイに翻る赤旗』より引用
  • しかし、兵卒たちは猪熊中隊長代理とはまったく別のことを考えていた。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 次へ »