兵卒達

10 の用例 (0.00 秒)
  • 兵卒達の顔には何かを期待する色が現れていた。 黒島伝治『穴』より引用
  • 氷のような悪寒が、電流のように速かに、兵卒達の全身を走った。 黒島伝治『穴』より引用
  • 兵卒達はそういうことすら知らなかった。 黒島伝治『渦巻ける烏の群』より引用
  • 兵卒達はそれでも稲を踏まないように、跳ね跳ね田から出てきた。 小林多喜二『不在地主』より引用
  • 百貨店帰りの若い売子女の飲んだあとからは、兵卒達が口紅をめ取るために先を争った。 谷譲次『踊る地平線』より引用
  • それが、日本の兵卒達に、如何にも、毛唐の臭いだと思わせた。 黒島伝治『渦巻ける烏の群』より引用
  • 兵卒達は、パルチザンの出没や、鉄橋の破壊や、駐屯部隊の移動など、次から次へその注意を奪われて、老人のことは、間もなく忘れてしまった。 黒島伝治『穴』より引用
  • その言葉が、朗らかに、快活に、心から、歓迎しているように、兵卒達には感じられた。 黒島伝治『渦巻ける烏の群』より引用
  • この出陣にあたり、22歳であった為信の妻・阿保良は兵卒達に自ら強飯を炊き出して手拭に包み、その一人一人に与えた。
  • また、例えばアスターテ会戦で同盟第4艦隊を撃破した後、ラインハルトが思いつかなかった「自軍の兵士に休息をとらせる」という提案を自ら行うなど、ラインハルトが天才であるが故に見落としがちだった一般兵卒達の視点に立った判断も行えるなど、その柔軟性においてはラインハルトに勝っていた。