兵卒の数

6 の用例 (0.00 秒)
  • それも兵卒の数、七千五百と五千、双方あわせても元州師と同数である。 小野不由美『十二国記 05 東の海神 西の滄海』より引用
  • 密室監禁で彼らのためになぶり殺しにされた兵卒の数は挙げきれまい。 ハシェク/辻恒彦訳『良き兵士シュベイク(上)』より引用
  • 載せてある囚人の数は、それを護衛している兵卒の数より多い。 森鴎外訳『諸国物語(下)』より引用
  • 軍備拡張による兵卒数の増加とは逆に、懲治隊に収容される兵卒の数は日露戦争後の再開時を最高としてへる一方であった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 巡査も増援してこれを防いだところ、さらに兵卒の数もふえ、百五十人ばかりが巡査側を殴打暴行した。 松本清張『象徴の設計 新装版』より引用
  • 兵役だけは十八未満の未成年に課せられることは少なかったが、兵卒の数が足りなければ、やはり懲役ちょうえきされる年齢は下がってゆく。 小野不由美『十二国記 06 風の万里 黎明の空(上)』より引用