兵卒にいたる

12 の用例 (0.00 秒)
  • 上は将軍から一兵卒にいたるまで、美少年を愛したのだから、盛大なもんだ。 暉峻康隆『日本人の笑い』より引用
  • しかも法のまえにおいては指揮の将校から一兵卒にいたるまで、ことごとく同資格である。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 迅速じんそくこそ、この場合、唯一の大事ということを、一兵卒にいたるまで知っていた。 吉川英治『新書太閤記(十)』より引用
  • いや、あの事件を思いだしたくないために、連隊長から兵卒にいたるまでが射撃に熱中したという方が正確かもしれなかった。 大江志乃夫『凩の時』より引用
  • 護衛兵たちは必死になってむちをふりながらそれを私たちの体にあてることができず、私たちは彼らの運命をにぎりながらその力を行使することができず、将校から一兵卒にいたるまで全員がわけもわからず叫んだり、ののしったり、沈黙におちこんだりしながら夜となく昼となく街道を走りつづけたのである。 開高健『パニック・裸の王様』より引用
  • 一兵卒にいたるまで顔色を失っている中で、彼ひとりが火の海をうすい翠色の眼で冷静に見おろしながら、なおも矢を射かけるように命じたのだった。 井上祐美子『五王戦国志1 乱火篇』より引用
  • 日本人志願兵は約600名に上るとされており、陸軍第34独立混成旅団参謀の井川省少佐を始めとする高級将校から兵卒にいたるまでの多くの志願兵が独立運動に参加していた。
  • 怠け者の兵隊でも、ひとたび自分のカプセルに乗りこんだら最後、上は将軍から下は一兵卒にいたるまで、間違いなくかれといっしょにやるのだということを、確実に知っているのだ。 ハインライン『宇宙の戦士』より引用
  • そういうお題目を唱えて出兵は繰り返されてはいるけど、指揮する将軍はおろか兵卒にいたるまで信じている者がいるかどうか怪しいものだ。 児玉ヒロキ『イット』より引用
  • 陸軍は将校から兵卒にいたるまでの召集を師団長が行うのに対し、海軍は准士官以上の召集は海軍大臣が行い、下士卒の召集は鎮守府司令長官が行う。
  • 将軍から一兵卒にいたるまで、全員が、まったく同じ給与を受け、まったく同じ食事をとり、まったく同じ服を着、まったく対等の立場でつきあった。 オーウェル/高畠文夫訳『カタロニア讃歌』より引用
  • だが、その軍勢が高々と掲げている旗印の紋章が朝日に照らし出された時、領主勢は将から一兵卒にいたるまで絶叫したのである。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第06巻 「獅子の胎動」』より引用