兵卒として入隊

16 の用例 (0.00 秒)
  • 同年アメリカ軍に兵卒として入隊し、に所属、太平洋地域に派遣される。
  • しかし、多くの友人たちと異なり、イギリス陸軍の長い訓練期間を嫌った彼はフランス陸軍の砲兵隊に兵卒として入隊したのである。
  • そこでフランス陸軍に一兵卒として入隊するものの、貴族の家系である父は息子の一兵卒での入隊に反対した。
  • 南北戦争が始まると、フォレストはテネシー州に戻り南軍に兵卒として入隊した。
  • 上官や州知事は、フォレストのような裕福で著名な者が兵卒として入隊したことに驚いた。
  • 国内戦が勃発すると白衛軍に一兵卒として入隊する。
  • 兄のロバートも同じ部隊に兵卒として入隊した。
  • 第一次世界大戦が起こるとフランス海軍に入隊したが、伝えられるところでは軍艦の艦長にポストがなかったために幻滅を感じ、陸軍に兵卒として入隊したという。
  • また、南軍のネイサン・ベッドフォード・フォレストは一兵卒として入隊したが、南軍の装備が貧相なのを見て、自分が装備を購入するから志願兵に支給してくれと申し出たため一気に一兵卒から大佐に引き上げられた。
  • 両軍の中でも、1兵卒として入隊し、戦争の終りまでには将軍にまで昇進したという経歴は数少ない。
  • コーコランは第69ニューヨーク民兵隊に兵卒として入隊した。
  • しかし、18歳に満たない志願者は親の同意書が必要であり、養父母が決して承諾しないであろうことを見越していたギャビンは徴募官に孤児であると告げ、他の孤児2人とともにその徴募官が後見人になることでアメリカ陸軍に一兵卒として入隊することができた。
  • 南北戦争が始まると、マッキンリーは1861年6月に連邦軍のオハイオ志願兵第23連隊に一兵卒として入隊した。
  • ワシントンから軍隊の要求があって間もなく、スケールズはノースカロライナ州の部隊に兵卒として入隊したが、直ぐに第13歩兵連隊H中隊の大尉に選出され、1861年11月14日には、ウィリアム・ドーシー・ペンダー将軍の後を継いで大佐に選ばれた。
  • 宣戦布告があると、ペティグルーはウェイド・ハンプトンがサウスカロライナ州で立ち上げたハンプトン・リージョンに1兵卒として入隊したが、直ぐに第1サウスカロライナ・ライフル銃連隊の大佐任官を受けた。
  • 仕方なく彼は、恋敵ベルコーレ軍曹の部隊に一兵卒として入隊することとし、給料20スクードを前借りして秘薬を1本購入、飲み干して眠り込んでしまう。

兵卒として入隊 の使われ方