兵を動員

58 の用例 (0.00 秒)
  • 幕府は数藩の兵を動員し、十二月十一日に至ってようやく討滅している。 南條範夫『山岡鉄舟(二)』より引用
  • 少なくとも順慶は三千、無理をすれば五千の兵を動員できると光秀はふんでいた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 今から考えると余裕がなかったんだろうけど、少年兵を動員した大人の責任に思い当たる軍人はごく少数だった。 榊涼介『ガンパレード・マーチ 13 山口防衛戦2』より引用
  • ただ猪喰の調査では、遠淡海王は都に兵を動員していなかった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 5 東征の巻(下)』より引用
  • セレウコアのこれだけの兵を動員させる詐欺師というのは、とても彼の頭では考えられなかった。 小沢淳『ムーン・ファイアー・ストーン3 極彩の都』より引用
  • これ以降、しばしばローマ軍への支援部隊として兵を動員するようになり、その有力な戦力となった。
  • 乗っ取られる前の宇都宮氏に匹敵する3000もの兵を動員し、大勝利する。
  • もしそれをするなら、少なくとも畿内きないと吉備を合わせ、三千名の兵を動員せねばならない。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 2 西戦の巻(上)』より引用
  • これにより皇子は東海道、東山道の諸国から兵を動員することができるようになった。
  • 上海上国は、兵を動員したが半数以上が、海戦のための水軍だった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 百人の兵を動員し、倭建と共に戦うというのだった。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • この三頭の駄馬のため、百人以上の武装兵を動員するなど、黄巾軍のやりそうなこととはおもえない。 陳舜臣『秘本三国志 01 (一)』より引用
  • 清水の首長は、岩王子を気にしながら、王子の密使を受け、数十人の兵を動員したと述べた。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 5 東征の巻(下)』より引用
  • なお普通、動員は人口の一割であるが、ドイツではスターリングラード戦以後八千万の人口から一千万の兵を動員している。 伊藤整『太平洋戦争日記(二)』より引用
  • 林邑王范陽邁2世は麾下の全軍と象兵を動員して宋軍の進撃を止めようとした。
  • 両軍とも7万前後の兵を動員した。
  • しかしそのことで戦略上の拠点である浦項に駐留していた部隊も移動することとなってしまうため、部隊司令部を置いていた女学校の校舎の防衛には71名の学徒兵を動員することにした。
  • その後、西域都護段会宗が烏孫に包囲されるという事件があり、早馬で周辺諸国の兵を動員する許可を求めてきた。
  • 真幸院を本貫地とし、宗家である肝付氏より独立しての政治や文化支援を行い、最盛期には一万余の兵を動員した。
  • 近江の兵が伊吹山に集まっている今、東国まで行き、兵を動員していては間に合わない。 黒岩重吾『白鳥の王子 ヤマトタケル 6 終焉の巻』より引用
  • 次へ »