共鳴興産

26 の用例 (0.00 秒)
  • 何度電話をかけても出てこないし、いったい共鳴興産はどうなっちゃったんですか。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 玉置は石水を通じて共鳴興産の件を知ったんじゃないでしょうか。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 週の半分は千葉の共鳴興産本社ビルに顔を出していた。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 共鳴興産から関州連合に巨額な資金が流出してることは紛れもない事実です。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 二度目は十月二十八日金曜日の夕方、共鳴興産の社長室で荒又と二人で聴いた。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 並木が石水と玉置から直接確認したわけではないが、共鳴興産の社長をやってる荒又から聞いたと話していた。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 共鳴興産の顧問弁護士は、すでに話し合いのテーブルに着こうとしてるんですよ。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 秋山が、共鳴興産の件を知らされたのは、平成六年七月上旬である。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用
  • そうして、わずか一年足らずで、八百五十億円もの融資が大産ファイナンスから共鳴興産に実施された。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用
  • 共鳴興産を破産させるにしろ、協立銀行からまだ絞らないかん。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 本店営業本部プロジェクト推進部を中心に審査部も加わり、竹中をリーダーとする十人のプロジェクトチームが調査に乗り出した結果、共鳴興産グループに融資した八百五十億円の大半は関州連合に流れていることが判明した。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用
  • 当然のことながら協産ファイナンスが大口債権者になっているのは共鳴興産にとどまらなかった。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用
  • 協産ファイナンスを馘首かくしゆされた石水は、共鳴興産の顧問格で、荒又の相談相手になっていた。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 旧大産ファイナンスと共鳴興産の関係を協銀が把握していたら、出資も融資増もなかったと思います。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 共鳴興産をつぶそうっていう魂胆らしいが、そんなことしてみろ、命がいくつあっても足りないからな。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 千葉県に共鳴興産なる不動産会社が存在するが、大産ファイナンス時代に共鳴興産グループに融資した八百五十億円が不良債権化していたことを、社名変更後も大津と石水は秋山にひた隠しにしていたのだ。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用
  • 土地価格についての判断ミスが、当時の協産ファイナンス、つまりわたしにも会長にもあったわけだし、共鳴興産にもあったっていうことで、どこもかしこも、見通しを誤ったわけでしょう。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • もっとも、竹中自身が担当したキャッツアイは先送りし、共鳴興産の処理もこれからだが、部下が担当している案件は大きなトラブルに見舞われることもなく、比較的順調に処理が進んでいた。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 共鳴興産の社員たちは二枚のビラを一千枚ずつ印刷して、南麻布一帯と上用賀一帯の電柱や塀にり付け、さらに協立銀行の幹部行員宅にも郵送した。 高杉良『金融腐蝕列島(下)』より引用
  • 共鳴興産は、関州連合直系の不動産会社である。 高杉良『金融腐蝕列島(上)』より引用
  • 次へ »