共鳴管

32 の用例 (0.00 秒)
  • 従って、音の高さを自由に変えるには、共鳴管の長さを変えなければならない。
  • こうして、共鳴管の長さを調節することができるようにしたものが音孔である。
  • 珍しい例としては、BOSEの製品・キャノンが採用した共鳴管方式がある。
  • 共鳴管が根元から二本に分かれ、左右の手でそれぞれ操作する。
  • 音板は、共鳴箱を兼ねた箱に収められるか、箱を使わずに音板の下に共鳴管を並べる。
  • 起源はアフリカにあると言われ、木の板を並べた下にひょうたんをぶら下げて共鳴管の役割を果たしていたと言われている。
  • 共鳴管ではなくリードの長さ・厚さ等を調整して調律する。
  • マリンバ同様に音板の下に共鳴管が並んでいる。
  • 音板の下にマリンバ同様の共鳴管が取り付けられている。
  • まれにクオリファイング・チューブと呼ばれる共鳴管を備えるタイプがある。
  • そこで一般に管楽器では、共鳴管の長さを変えることによって共鳴する音の高さを変え、様々な高さの音を得る。
  • そこで管楽器では、共鳴管の長さを変えることによって共鳴する音の高さを変え、様々な高さの音を得る。
  • レガール類のリード管はピッチに対して非常に短い共鳴管を持つ。
  • なお、尺八は縦笛であるから、共鳴管の長さは管の上端から下端までと考える。
  • いくつかの竹管には屏上と呼ばれる長方形の穴があり、共鳴管としての管長は全長ではなくこの穴で決まる。
  • まるで教会のオルガンの共鳴管に口をくっつけて喋ったような、いんいんとした金属質の尾を引く、どちらかと言えば不快な声だった。 九里史生『SAO Web 0401 第一章~第三章』より引用
  • 篠笛は、指孔の個数と共鳴管の長さと用途、調律により分類される。
  • 音孔を全部ふさいだ状態が共鳴管がいちばん長い状態で、管の全長に見合う共鳴が得られる。
  • それによって共鳴管の共鳴量が変化し、音量が増減を繰り返し、音のふるえを起こす。
  • 共鳴管の伸縮には、様々な方法があるが、そのなかでももっとも簡単な方法は、管に穴を穿つことによって外気に内気を解放し、孔から先の管を共鳴管となさないようにすることである。
  • 次へ »