共鳴画像法

61 の用例 (0.00 秒)
  • 損傷が軽・中度の場合には核磁気共鳴画像法でも確認できない場合がある。
  • このような非対称性は核磁気共鳴画像法の体積分析により発見された。
  • また20世紀で最も重要な医学上の進歩の1つである核磁気共鳴画像法の基礎にもなった。
  • 病院などにおける診断学の核磁気共鳴画像法の分野において世界的に認められた指導者の一人である。
  • 核磁気共鳴画像法やコンピュータ断層撮影により障害部位を特定する。
  • MRI についての歴史は核磁気共鳴画像法の項を参照のこと。
  • 最近では、新規造影剤を利用した核磁気共鳴画像法による手法も注目を集めている。
  • これらは化学における配位子、例えば核磁気共鳴画像法造影剤に用いられる。
  • 核磁気共鳴画像法ですでに実用化されており、もっとも超伝導現象を一般的に用いているものである。
  • このような年齢詐称防止のため、核磁気共鳴画像法による骨年齢検査が行われることもある。
  • 計測法には開頭のほかコンピュータ断層撮影、核磁気共鳴画像法が用いられる。
  • 機能的核磁気共鳴画像法による研究によって、島皮質は痛みの体験や喜怒哀楽や不快感、恐怖などの基礎的な感情の体験に重要な役割を持つことが示された。
  • 核磁気共鳴画像法などの脳イメージング手法の発達により、神経科学者はヒトの脳の扁桃体に関する重要な発見を行ってきた。
  • 機能的磁気共鳴画像法を用いた研究では、患者の扁桃体の過敏性が示され、人の顔の表情を用いた検査では、表情の出現に対し左扁桃体の過活動がみられた。
  • 核磁気共鳴や核磁気共鳴画像法の分野では、高周波照射が最も一般的に使用される。
  • それらはまた、強い磁場を発生させる核磁気共鳴画像法の機械の近くで用いられるメンテナンス器具や建設材料にも用いられる。
  • 核磁気共鳴画像法といった医療用途に利用されている。
  • 核の磁気回転比は、核磁気共鳴や核磁気共鳴画像法で重要な役割を果たすので、特に重要である。
  • 体積的核磁気共鳴画像法によって吃音を示す人は、三角部の体積が小さいことが示されている。
  • 日本で核磁気共鳴画像法MRIを放射線医学総合研究所に次いで民間病院で初めて導入した病院としても知られる。
  • 次へ »

共鳴画像法 の使われ方