共鳴構造

40 の用例 (0.00 秒)
  • これはケイ素原子のd電子が共鳴構造を安定化させるためと考えられる。
  • カルボジイミドを特徴づける3つの主要な共鳴構造は以下の通りである。
  • 上のような3つの共鳴構造を持つが、どれもオクテット則は満たさない。
  • つまり、3つの原子核が2つの電子を共有する、共鳴構造を取っている。
  • 超共役は共鳴理論によれば以下の共鳴構造式によって説明される。
  • また、化学者は様々な物体の構造や反応を説明するためにしばしば共鳴構造のような存在しないものを使う。
  • 複雑な化合物になるほど考慮に入れるべき共鳴構造の数が指数関数的に増加していってしまう。
  • 実際の構造と最も安定な共鳴構造との間のエネルギー差は共鳴エネルギーあるいは共鳴安定化エネルギーと呼ばれる。
  • 共鳴構造では、寄与が大きい構造と小さい構造が存在する。
  • 適切な共鳴構造の共鳴を考慮に含まなければ現実の化合物の性質を導出することができない。
  • 原子価結合法では、ペンタゼニウムは、6共鳴構造として記述される。
  • この差異は3つの共鳴構造を含むナフタレン中の結合の原子価結合モデルと一致する。
  • それ故、共鳴構造の集合である共鳴式を互変異性を表す式と混同してはならない。
  • 共鳴構造の正電荷の位置から予想されるとおり、求核試薬との反応は2位か4位で進行する。
  • 分子の実際の構造、すなわち共鳴混成体のエネルギーはどの共鳴構造のエネルギーよりも低い。
  • この結果、どの程度共鳴構造の寄与があるのか、すなわちどの程度電荷の偏りがあるのかを定量的に評価することも可能となった。
  • なお、アスコルビン酸の共役塩基のエノラートは下式右の構造のほかにもう一つ共鳴構造を描くことができ、実際は非局在化した構造をとっている。
  • ボラジンには、下式のような共鳴構造が描かれる。
  • これは炭酸イオンが共鳴構造を持つためである。
  • 閉管構造の筒は共鳴構造が管長の倍になり、同じ長さ・太さを持つ開管の筒よりもおよそ1オクターブ低い音が出る。
  • 次へ »

共鳴構造 の使われ方