共鳴安定化

10 の用例 (0.00 秒)
  • フェノールと比較して酸性度が上がったのは、通常の共鳴安定化のためである。
  • これが、電荷の非局在化による分子の共鳴安定化の主な原因である。
  • 実際の構造と最も安定な共鳴構造との間のエネルギー差は共鳴エネルギーあるいは共鳴安定化エネルギーと呼ばれる。
  • カルボン酸陰イオンは共鳴安定化するためアルコールより酸性度が強くなる。
  • この化合物の共役塩基の共鳴安定化の範囲は、以下の3つの共鳴式で描かれる。
  • 炭素数が4の倍数のときは、共鳴安定化できないため不安定になる。
  • そのため共鳴理論は大抵の場合、原子価結合法と称されており、現在ではこの共鳴理論によって説明される現象の中で共鳴安定化および共鳴効果の2つの概念について共鳴理論と呼んでいることが多い。
  • また、反応する求電子試薬がアシルカチオンとなり共鳴安定化される場合が多く、いったん生成されるとアルキル化のような転位を起こすことがないのが特徴である。
  • これらに次ぐ強塩基としてはアルカリ土類金属などの水酸化物、および分子性のものとしてプロトン化された陽イオンが共鳴安定化されるグアニジンなどがある。
  • プロトン付加した陽イオンが共鳴安定化され、かつ求核性の低いジアザビシクロウンデセンおよびジアザビシクロノネンなども有機合成において超塩基として有用である。