共鳴分光

44 の用例 (0.00 秒)
  • J結合は一次元核磁気共鳴分光法における重要な観測可能な効果である。
  • それより少し遅れて核磁気共鳴分光法も用いられるようになった。
  • これは構造生物学の研究分野で、X線回折や核磁気共鳴分光法などの技術が使われる。
  • 核スピン対間の結合は核磁気共鳴分光法において分子の構造についての詳細な情報を与えるので重要である。
  • 彼の仕事はまた、当時新たに開発された赤外分光法や、後には核磁気共鳴分光法の技術の徹底的な使用を含んでいる。
  • このような動きは異なる環境での三次元結晶構造を比較したり、核磁気共鳴分光法での実験によって見ることができる。
  • 核による周波数シグナルの吸収や放出は核磁気共鳴分光法により検出される。
  • NMR管は、核磁気共鳴分光法において、サンプルを入れるのに使うガラス製の管である。
  • この用語は核磁気共鳴分光法でよく使われる。
  • 高分解能の質量分析法により分子式が決定でき、赤外分光法や核磁気共鳴分光法によりどのような官能基や部分構造を持つかが決定できる。
  • それら三量体は核磁気共鳴分光法によって識別することができ、立体規則性の度合いを積分によって推定することができる。
  • 窒素15の主な用途として、核磁気共鳴分光法における観測核としての用途がある。
  • この違いは技術的基盤によるものではないが、メタボノミクスは核磁気共鳴分光法を、メタボロミクスは質量分析法を用いて研究するグループが使用することが多い。
  • 例えばカルベニウムイオン中間体であれば、カチオン中心近傍への電子供与性基の導入による反応速度の増加、隣接するアルキル基上の水素の重水素への置換による超共役の減少に伴う反応速度の減少といったことから存在が推定され、さらに超強酸の存在下で核磁気共鳴分光法で直接観測が可能である。
  • ベラトリジンの構造は、核磁気共鳴分光法とX線回折によって確かめられた。
  • フレミー塩は電子スピン共鳴分光法において標準物質として用いられる長寿命なフリーラジカルである。
  • バークレーでのポスドク時代に金属化合物の水和反応を解析する手段として、当時最新の技術であった核磁気共鳴分光法に取り組み始めた。
  • 重水素化クロロホルムは有機分子の核磁気共鳴分光法で用いられる一般的な溶媒である。
  • ベル研究所に移ると、超伝導核磁気共鳴分光法の研究を任され、タンパク質の構造や動力学の研究を始めた。
  • この物質の構造は、1963年に核磁気共鳴分光法とX線結晶構造解析により平面四角形であると報告されている。
  • 次へ »

共鳴分光 の使われ方