共通するものが多く

11 の用例 (0.00 秒)
  • 歌詞は漢詩や唐宋詞と共通するものが多く、日本でもそれを唐音で歌った。
  • 北アメリカとヨーロッパは北部でつながっていたので、動物相には共通するものが多く、発掘や研究も進んでいる。
  • 基本構造・電装機器類は30系アルミ車と共通するものが多く、屋根はモニター屋根であった。
  • 語彙については同じギア方言である尾張弁・三河弁・飛騨弁と共通するものが多くみられる。
  • 甲冑や鎖帷子を着用して行うわけではないが、これらは組討に相当するものとされ、講道館柔道の乱取で現在行われる技と共通するものが多く見られる。
  • サフィン文化の遺跡から発見される遺物には台湾、フィリピンやタイ西部と共通するものが多く、マレー系海洋民族である古チャム人の遺構ではないかとされる。
  • 描かれている室内は宗教的な場所ではなく、当時の典型的な中流家庭の内装であり、カンピンの1425年から1428年ごろの作品とされる『メロードの祭壇画』と共通するものが多く描かれている。
  • しかし、鄭張尚芳は、基本語彙に漢語と共通するものが多く、上古漢語の発音に合うことなどを理由に、漢語と同じ語派を構成するとし、「漢・ペー語派」と名付けている。
  • 伝承内容は他の楊心流系の柔術と共通するものが多く、首を絞める技や関節を逆に極める技、主に上肢の筋骨格系の可動域の特性を利用した固め技、急所に対する当身・圧迫技法、が特徴としてあげられる。
  • その他の特徴として宇治の中君を「中君」、玉鬘を「玉鬘尚侍」、明石入道を「入道播磨守」と呼んでおり、人物表記が天文本や学習院大学蔵本といった古系図としては末流に位置する諸本や実隆本以降の新系図と共通するものが多く見られるといった点が挙げられる。
  • 時代が異なるゆえ、共通して登場する人物などはないが、ヤヌス、ドール、ヤーン、モスなどの神々や、パロス、トルース、アグラーヤなどの国々の名前には、共通するものが多くみられる。