共謀

全て 名詞
1,384 の用例 (0.01 秒)
  • ああ言う組織の宿直員の中では、まず共謀と言う事は成立しないからだ。 大阪圭吉『デパートの絞刑吏』より引用
  • 彼らが私を抹殺まつさつするために共謀していることは、これで明らかになった。 森村誠一『精神分析殺人事件』より引用
  • 家内の者が共謀して、主人をどこへか隠したのであろうと彼は邪推した。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • この危険な共謀者と永遠に縁が切れたことは、ひそかな喜びでさえあった。 アレクサンドル・デュマ/江口清訳『三銃士(下)』より引用
  • しかしそのことがあって二人の関係はより深く、より共謀的なものになった。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • 彼はセビリャで宴会に出席中、共謀した暗殺者たちによって殺害された。
  • その甲斐と共謀しているのがこのお初だということもさぐりあてている。 山田風太郎『忍法落花抄』より引用
  • 彼には共謀者はないようだから、塔は多分彼の家に隠されて居るに違いない。 甲賀三郎『真珠塔の秘密』より引用
  • だが、そのあとでそれを否定し、「共謀しない限りそれはできない」と。 読売新聞大阪社会部『警察官ネコババ事件 おなかの赤ちゃんが助けてくれた』より引用
  • 明らかにきさまは梁山泊の賊と共謀してわしの飛脚籠を奪い取ったのだ。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(三)』より引用
  • でもそれも、二人の共謀を前提にすると、別の顔が見えてくるんです。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • 詐欺の共謀の事実ははっきりしているんだが、おれはこいつらと取引をした。 ハメット/田中融二訳『死刑は一回でたくさん』より引用
  • 宋人そうじんの捕虜を逃がすために、共謀した者はいないかと聞かれたのだ。 坂東眞砂子『旅涯ての地(上)』より引用
  • かれはレスター博士と共謀して艦長キャプテンから本艦の指揮権を奪取しようとした。 ジェイムズ・ブリッシュ『05 メトセラへの鎮魂歌』より引用
  • そして今では一人の男と共謀して充実した家庭を造ろうとしている。 山本道子『ベティさんの庭』より引用
  • あの二人は共謀だったかも知れんですが、私はそうは思わんです。 クリスティ/松本恵子訳『エッジウェア卿の死』より引用
  • ドアの前に立った彼らは共謀者のように見えなかったろうか? シムノン/長島良三訳『メグレと政府高官』より引用
  • 白鳥の複数共謀説は、監視網の一部が無力化できるので確率が高くなる。 海堂尊『チーム・バチスタの栄光(下)』より引用
  • リンカーン大統領暗殺事件の共謀者達は、逮捕の後工廠へと連行された。
  • してみると、もう一人の女が、美沙と共謀しているということになる。 赤川次郎『禁じられた過去』より引用
  • 次へ »