共有

全て 名詞
10,139 の用例 (0.03 秒)
  • 殺す日まで殺させぬという奇妙な時間を共有することになったのである。 保阪正康『東條英機と天皇の時代(下) 日米開戦から東京裁判まで』より引用
  • そこでは形式知の移転や共有には情報技術が盛んに用いられるでしょう。 野中郁次郎/紺野登『知識経営のすすめ』より引用
  • おれの知る強欲都市を共有できるものはデータの中には一つとしてない。 雨木シュウスケ『聖戦のレギオスⅠ 眠りなき墓標群』より引用
  • 彼があなたの部屋の鍵を共有するのはきちんと結婚してからでいいのです! 梅田みか『愛人の掟3』より引用
  • そのようにして私たちは、無数の地点を、無数の人と共有するのである。 石原吉郎『望郷と海』より引用
  • ただわたしはこの自然界はすべての命あるものの共有財産だと思ってるの。 和田はつ子『虫送り』より引用
  • だが、何十億人もの外規格化がひとつの宇宙を共有することは不可能だ。 山本弘『まだ見ぬ冬の悲しみも』より引用
  • この幸福はある程度までドイツやイギリスでも共有されているものである。 スタンダール/白井浩司訳『恋愛論』より引用
  • この宿で贅沢な秘密の空間を共有した男女は、かつて数多くいただろう。 小池真理子『虚無のオペラ』より引用
  • そして大人の女は、自分が共有した時間や、相手に対しても責任を持つ。 森瑤子『非常識の美学』より引用
  • 互いに結び合わせたのではなく、同じ髪を二人の女の死体が共有している。 霞流一『フォックスの死劇』より引用
  • そこにあるのは、できるかぎりの体験を共有しておこうという動きです。 吉村達也『ふたご』より引用
  • その程度の時間を共有しただけでどうしてそんな口がけるのでしょう。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 03』より引用
  • 秘密を共有できる人間がいれば、僕の心も少しは落ち着くかも知れない。 楡周平『フェイク』より引用
  • 共有する集合無意識分野を超えて存在するもの、それが魂の本質である。 伏見健二『サイレンの哀歌が聞こえる』より引用
  • 彼とは長く友人をしていたから、いくつかのグループを共有していた。 林真理子『美女入門』より引用
  • そんな様子が逆に二人だけでした冒険の秘密の共有を感じさせてくれました。 石原慎太郎『遭難者』より引用
  • 弟と共有する奇妙な遊びの中から、それは十分に汲み取ることができる。 村松友視『百合子さんは何色 ―武田百合子への旅』より引用
  • 分子の共有結合の場合に右まきと左まきの電子が組になって働いていた。 片山泰久『量子力学の世界』より引用
  • その人と世界を共有していることを、まわりの人に認めてもらいたい。 樋口有介『11月そして12月』より引用
  • 次へ »