六神丸

全て 名詞
33 の例文 (0.00 秒)
  • おまえはまだ、骨まで六神丸になっていないから、丸薬さえのめばもとへもどる。 ...
  • 陳もさっきおれといっしょにこの水薬をのんだがね、どうして六神丸にならなかったろう。 ...
  • てっきり私は六神丸の原料としてそこでぎもを取られるんだ。 ...
  • そしてこっちの瓶は人間が六神丸になるほうか。 ...
  • 陳もさつきおれといつしよにこの水薬をのんだがね、どうして六神丸にならなかつたらう。 ...
  • とするならば、「六神丸それ自体は一体何に似てるんだ」そして「何のためにそれが必要なんだ」それはあたかも今の社会組織そっくりじゃないか。 ...
  • 入ったが最後どうしても出られないような装置になっていて、そして、そこは、支那を本場とする六神丸の製造工場になっている。 ...
  • 山男はしばらくぼんやりして、投げ出してある山鳥のきらきらする羽をみたり、六神丸の紙箱かみばこを水につけてもむことなどを考えていましたがいきなり大きなあくびをひとつして言いました。 ...
  • 救心製薬の主力製品「救心」の原点となったのも、この六神丸である。 ...
  • 山男は口惜くやしがってばたばたしようとしましたが、もうただ一箱の小さな六神丸ですからどうにもしかたありませんでした。 ...
  • それから六神丸と云う薬と翡翠とを行商して日を暮し、もっと悪い事もしながら、夜学で法律普通科を半分やりました。 ...
  • 山男はしばらくぼんやりして、投げ出してある山鳥のきらきらする羽をみたり、六神丸の紙箱を水につけてもむことなどを考へてゐましたがいきなり大きなあくびをひとつして言ひました。 ...
  • ちなみに、六神丸が6種類の生薬を使用しているのに対し、救心は8種類の生薬が使われている。 ...
  • また或る楽屋には、高価な六神丸が一杯つまってる箱の横に、玉容丸と称する洗顔用の秘法練薬の箱があり、おしゃれの者には一個六銭で売ってくれる。 ...
  • 山男は口惜くやしがつてばたばたしようとしましたが、もうたゞ一箱の小さな六神丸ろくしんぐわんですからどうにもしかたありませんでした。 ...
  • 彼女は、人を生かすために、人を殺さねば出来ない六神丸のように、又一人も残らずのプロレタリアがそうであるように、自分の胃のふくらすために、腕や生殖器や神経までもみ取ったのだ。 ...
  • そしてこつちの瓶は人間が六神丸になるはうか。 ...
  • 次へ